甥っ子が結婚すると連絡がありました。うちは古い風習のようなものが残っていてお祝いを持っていかなければならないのですが、そのために色々と揃えなければいけません。しかし、年金暮らしで貯金も少なく、切り詰めて生活をしているのでなかなか厳しい出費です。

どこかでお金を借りてそれをお祝い金に充てたいと考えているのですが担保になるものは年金くらいしかありません。年金生活者でもお金を借りることはできるのでしょうか。

年金を担保にお金を借りることはできるの?

通常の銀行や消費者金融のカードローンなどでは年金を担保に借り入れを行うことはできません。もしそういうところがあったら闇金なので気を付けて下さいね。しかし、年金受給者でも借り入れを行えるカードローンはありますよ。

多くの銀行や消費者金融のカードローンは借り入れの年齢制限が65歳までとなっていていますが、新生銀行の専用カードローン「レイク」は借り入れの年齢制限が70歳まで設定されているので65歳から年金を受給される方でも申し込みが可能です。

信用金庫のカードローンは60歳から69歳未満の年金受給者を対象にしたカードローンサービスを行っています。受給されている年金に応じて借り入れ金額が決定します。地域の信用金庫にご相談にいかれるといいと思います。

年金を担保に融資を行っている期間が一つあけあります。独立行政法人福祉医療機構という公的な機関で国から年金担保の融資を認められている機関です。国民年金、厚生年金、労災年金の受給者が申し込むことができます。銀行や信用金庫などが代理窓口となっているので、こちらもご相談されるといいと思いますよ。

年金受給者がカードローン年金で借りれるか

 年金受給者にとってはカードローン年金で借りれるかは重要な問題です。年金受給者でも身内の不幸や交通事故などで急な出費が必要になってしまいますので、いざという時のために1000万円ほどは貸してくれるところがあったほうが安心です。しかし多くの消費者金融や銀行は年金受給者に対してカードローンを組んでくれません。これはなぜでしょうか。 まずカードローンで融資を受けようというときは業者ごとのかす審査に通る必要が出てきますが、この審査において最も重視されるのは、借主に返済能力があり経済的信用があるかどうかということです。これはほかの金融会社から借金をしていたり、毎月の固定収入がなかったりする場合に、返済能力がないと判断され審査には通ることができません。 そして年金収入しかないという方には、毎月の固定収入があるといえるかどうかが微妙な問題になってきますので、審査に通ることができるかは難しくなってきます。

 ほかにも年金受給者が融資を受けるためには難しい事情があります。2010年の法律改正では消費者金融が収入のない方に融資することは不可能になったため、毎月の年金が収入に当たるかどうかが重要な問題となっています。 そういった理由があるために年金受給者が融資を受けることは困難になっていますが、これには抜け穴があります。

 それは法律上の総量規制は消費者金融にしか及ばないことになっているため、銀行系のカードローンであれば融資を受けることは可能となっています。また金融業者ごとに年金を安定した収入と考えるのであれば、返済能力があると考えられますので、融資を受けることができます。 そのため具体的な業者がどのように考えているかが重要になりますが、現在のところ消費者金融で年金を収入と考えている業者はなく、年金受給者にお金を貸してくれるのは銀行系カードローンのみとなっています。 銀行系のうちでも、三菱東京UFJ銀行とレイクという業者のみが、年金受給者に貸してくれることは確実です。
(⇒無職でも安心・安全に利用できるカードローン

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.