年金暮らしでも借り入れ可能!カードローン

キャッシングベスト3

年金暮らしでも借り入れ可能!カードローン

息子が久しぶりに家に帰って来たと思ったらお金を貸してほしいと言われました。息子にはすでに借金があり、もうどこからも借りることができない状況とのこと。「いい年をした大人がやったことなのだから自分でなんとかしろ」と言って追い返しました。

とは言え、他人ではない息子のことなのでなんとかしてやりたいというのが本心ではありますが私も年金暮らしで決して裕福な生活をしているわけではなく貯金もそんなにありません。

それでも少しでも息子のためにお金を用意してやりたいのですが、息子に代わってお金を借りようと思います。年金暮らしでもお金を借りることは可能でしょうか。

年金暮らしでも借り入れ可能です

新生銀行の専用カードローンレイクなら、年金受給者でも借り入れ可能ですよ。ほとんどの銀行や消費者金融は借り入れができる年齢が20歳から65歳未満になっていますが、レイクだと69歳まで借り入れができます。

保証人や担保は必要なく身分証明書があれば大丈夫です。借り入れ額は年金の受給額によって決まるので個人差がありますが、借り入れ自体は大丈夫だと思いますよ。

今のところ年金で借り入れができるカードローンだとここくらいだと思いますが、もし年金を担保に借り入れができるという会社があれば気を付けて下さいね。年金を担保に融資をすることは違法ですから。

ただ、独立行政法人福祉医療機構という公的機関であれば唯一年金を担保に融資を行うことを国から認められている機関になり、銀行や信用金庫が代理の窓口となって申し込みの受付をしているので、そちらもご相談に行かれるのも手だと思います。

年金暮らしの方でもカードローンは利用可能です

年金暮らしでも少し小遣いが足りなくなったり、急な出費でまとまったお金が必要になる時があります。 そんな時はカードローンを利用するのが便利ですが、消費者金融などは安定した収入があり経済的な信用がある人でないと基本的に審査に通りませんので、年金収入が安定した収入と考えてくれる消費者金融などでないとカードローンを組んでくれません。

 またほかにも認められない根拠はあります。2010年の法律改正により、消費者金融は前年度の収入の3分の一以上を融資すると、日常生活が困窮してしまうので消費者金融はこれを行えないこととしましたので、結局は収入のない方は融資を受けられないことになりました。これを総量規制といいます。 それ故に年金は収入といえるのかが非常に重要な点となりますが、この解釈については業界で一致した判断があるわけではありませんので、業者ごとの個別に判断できる余地があることになります。したがって年金受給者が融資を受けることができるかどうかは、個別の業者が年金を収入と考えているかどうかを調べなければなりません。 しかし通常は公式サイトを見ても年金受給者が融資を受けることができるのかについては記載しておりませんので電話などで実際に聞いてみる必要があります。

 そうして調べてみると、年金を安定した収入ととらえているのは、三菱東京UFJ銀行とレイクだけでしたので、年金受給者の方はこちらから借り入れをされるとよいかと考えられます。 このうちレイクの方は、消費者金融と思われている方が多いですが、2011年からレイクは業務を親会社の銀行へ譲渡したために、銀行型カードローンを商品として売り出すことができるようになりましたので、区別でいえば銀行になります。そのため消費者金融のみの制限である総量規制はかからず、年金が収入でないとしてもこの受給者に融資を与えることが必要になります。
 こちらでは無利息期間を設けてるカードローンですので安心です。
 

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.