無職でも安全な申込みが出来るカードローン

キャッシングベスト3

仕事をしていなくても、カードローンが申し込めるような会社はありますか?安心で安全に借りられる会社を探しているので、そんな会社があるようなら教えてください。

専業主婦なら利用できるところもあるが完全無職は危険

お金がなくて困った、そんなときの手助けをしてくれる存在と言えば、いま流行りのカードローンです。特に銀行系のカードローンは金利も高くなく金融機関が取り扱っているという安心感があるうえに、近頃は審査も早く済み借り入れに昔みたいな時間が掛からないということで、急な出費に困っているひとはもちろん、今後何かあったときのために申し込みをしておくなんてひとも増えています。

そんな便利なカードローンですが、お金を返し終えるまでがローンの契約事項であることから、収入のないひとでは申し込むことが出来ない決まりです。昔は、いろんなひとを受け入れていた消費者金融も平成22年に改正された「貸金業法」で「年収の3分の1以上の貸し付けはしてはいけない」というふうに決められた結果、当然収入がゼロである無職のひとには貸せないという規制があり、無職の状態では銀行はもちろん消費者金融からも借りることはできないというのが実情です。

インターネットや街中の広告などでは、「無職でも借りられる」なんて言葉で困っているひとたちを誘い、いさお金を借りてみれば払えないような金利設定になっていたり、払えなければ厳しい取り立てに遭うことになってしまったりする、悪質極まりない業者がいたりするので、やはり無職でお金を借りようなんて話にリスクは付き物と言えます。

しかし、無職の状態で安全にカードローンを持てるひとは実際に存在しています。それは専業主婦(または主夫)です。配偶者である夫や妻に安定した収入があり、その配偶者の許可さえあれば契約する本人が外に働きに出ていない無職の状態でも、専用のプランなどに申し込めばカードローンは作れます。多くの銀行や信用金庫、大手消費者金融などでも、主婦向けのカードローンやキャッシングプランは扱っているので、そういったものを選べば危険はないと言えるでしょう。

しかし、キャッシングをするために結婚して配偶者という存在を作るわけにはいきません。独身で配偶者がいない場合には、やはり無職ではカードローンは作れませんし、無職でも作れるようなキャッシング会社は、正直安全とは言えません。

無職でのカードローン利用の方法

消費者金融や銀行等が提供している個人向けのカードローンは、即日融資が期待出来るスピード審査を実施しており、急に予定が入った時等の利用に向いています。担保や保証人が不要であり、審査に申し込みやすいというのも利用者が多い理由です。

審査時間が短いという事は、申し込み者の経済状態について入念に調査する時間がないという事になります。このためにカードローンの金利は高めに設定されています。貸し倒れのリスクが一定程度生じるので、早い段階で元本を回収する必要があるからです。

しかし、数年前と比較すると金利は低くなっています。貸金業者及び出資法に関しての法律が改正された事が理由です。利息制限法の上限を超えた金利での貸し付けは刑事罰の対象となるという事が決定されており、現在のカードローンの金利は数年前と比較すると10パーセント以上低くなっています。

即日融資を期待出来る上に利用しやすい金利が設定されているという事は、利用する側にとっては非常に有利な条件です。このように魅力的なカードローンの申し込み条件は、20歳以上で原則安定した収入があるとされているのが一般的です。アルバイト等で収入がある場合は、成人した学生であれば利用する事が可能です。

申し込み条件をクリアしていない場合は、審査を受ける事が出来ないので利用する事は出来ません。未成年や無収入の人がこれに該当します。カードローン審査は、年収や他の業者からの借り入れ残高や件数から判定した返済能力に基づいて利用可能額が算出されます。そのために、収入がないという事は返済能力もないとみなされてしまいます。

しかし無収入であっても、専業主婦は利用できる可能性があります。原則とされているのは、これらの人の事です。配偶者に収入があるので、返済能力もあると考えられるのです。無職でのカードローン利用の可能性は、経済的に支援している人の存在の有無により左右されるという事になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.