内緒のカードローンで起きたトラブルの対処

キャッシングベスト3

誰にも言わずに内緒で使っているカードローンがあります。結果的にそれで問題なく、バレることもないので悪くないんですけれども、これがもしトラブルになった時はどうしたらいいか、すごく悩む時があります。誰にも言っていないわけで、誰にも助けを求めることが出来ません。

もし何らかのトラブルに合った場合、こういう内緒で借り入れをしている人たちはどういうところに助けを求めたりしているものなのでしょうか。よくわからないので教えて下さい。

内緒にしたいなら弁護士などの専門家に依頼するしかない

基本的にトラブルというと消費者金融やカードローンの場合、金融トラブルということで対処することになるかと思いますが、この金融トラブルの場合には弁護士などの法律の専門家に話をするしかないでしょう。法律の専門家である弁護士や司法書士などであれば、代理人のことを回りに話たりすることはないですから問題はありません。

金融トラブルというと一般的には返済が難しくなって遅延や延滞をすることになり、最悪の場合はそこからブラックになってしまうということだと思います。こうなった場合は内緒にしていたとしてもなかなか周りにばれずに処理を行うのは難しいかと思います。特に自己破産となると更に難しくなりますからプロの手を借りるしかありません。(こちらも参考にどうぞ→どうすればカードローンの利用はバレないのだろうか?

プロである弁護士などの手を借りることによって、うまく行けば金融トラブルさえも内緒で処理することが出来る可能性もあります。任意整理をすることができれば、カードローンの会社と弁護士と本人だけが知っているという状況を作り出すことも可能です。もちろんブラックにはなりますが、わざわざ信用調査を行う人は周りにいないのでバレることはないと思います。

内緒でカードローンを使っている人は少なく無いですが、万が一のことを考えると、ある程度はこういった頼りになる専門家を周りにおいておくことも重要なのかもしれません。あまりフリーで借り入れと返済を自己判断し過ぎると、トラブルへの対処が送れるかもしれませんので要注意です。

家族に内緒でカードローン~家庭内トラブルを避けるために

カードローンを作りたいと思っていても、逡巡している方は意外と多いのではないでしょうか。なるだけ家族に余計な心配をかけないようにしたいから家族に内緒で作りたいけれども、金融機関からの確認の連絡などで家族に知られてしまうのでは、というのが主な理由でしょうか。確かに一昔前は、カードローンを作ると契約書や発行されたカードは簡易書留で郵送され、さらに利用明細書が毎月郵送されていました。主に家族に知られてしまうケースは3つあります。それぞれのケースと家族に知られないようにする方法を見ていきましょう。

まず、審査の段階での確認の電話で家族に知られてしまうケースがあります。本人確認と在籍確認の際は、申込者本人と勤務先に必ず電話があります。電話確認でのトラブルを回避するには、①家族には内緒であることを伝えておく。②連絡先を携帯電話にしておく。③金融機関の担当者にあらかじめ相談しておく。が良いでしょう。カードローンの申込書には「家族に内緒」かどうかの項目があります。ここをチェックしておけば家族に知られないように配慮してくれます。連絡先を携帯電話にしておけば、自宅にかかってくることはありませんし、勤務先への在籍確認の電話に不安がある場合は事前に金融機関の担当者に相談しておくと配慮してくれます。

契約書やカード、利用明細書などの郵便物で家族に知られてしまうケースがあります。これは店頭窓口や自動契約機を利用すればその場でカードや契約書を受け取ることができます。利用明細書はWEB明細のサービスを利用すれば自宅に郵送されることはありません。また利用するATMは契約した金融機関のATMを利用するようにすれば明細が送られてくることはありません。

支払いの催促で家族に知られてしまうケースもあります。これは遅延無く返済していれば、自宅に連絡はありません。支払いの遅延があり、本人との連絡ができない場合は催促のはがきや督促状が自宅に郵送される場合があります。そのため支払期日は守るようにしましょう。一番家族に迷惑をかけてトラブルになるのは、家族に内緒でローンを作っておき、さらに支払いの遅延をした場合でしょう。もし支払いが遅延する場合は、事前に金融機関に連絡するようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.