カードローンの借り入れ金利を下げるには?

キャッシングベスト3

カードローンの借り入れ金利って法律的に下がったって言われているみたいですけれども、それでもかなり高いように思うんです。カードローンの借入金利について、下げる方法というのはあるのでしょうか。最初から低い金利の業者を選ぶ以外に方法があれば、教えて欲しいのですが。

低い業者を選ぶのもいいが、信用を積み重ねるのも一つの手段

信用というものがかなり大きなウェイトを占めているということはご存知でしょうか。カードローンを使うときには借り入れ金利は基本的に表面的に出ているものが中心で比較されるのですけれども、信用がどんどん積み重なっていけば行くほど、業者としても借り入れ金利を下げてくれるという特徴があるのです。

借り入れ金利については色々な決め方がありますし、収入や職業によっても違うとされているんですけれども、一番大きな影響をあたえるのは長く利用することだと言われています。長く利用していることで信用が蓄積していって、ちょっとずつではありますがカードローンの金利が下がっていきます。(こちらも参考にどうぞ!→カードローン金利を引き下げる方法を教えて!

最初の金利というのはだいたい高めに設定されていますし、上限金利にかなり近いわけですが、その上限金利であってもどんどん使えば使うほど少しずつではありますが減らしていくことが出来るのです。ですので最初は高い金利だと思っていても使い続ければ有利になっていきますから、最初から諦めないようにするのがいいでしょう。

最初から金利が低い業者を探すというのもひとつの方法ではありますが、金利を下げるという方法はそれだけではないのです。大手や地方銀行などは横並びの金利が使われていることが多いのですが、これらも使えば使うほど、自分だけに適用される低い金利に変わっていきますから、借り入れを長くしておくのがいいでしょう。

ただしどんなに長く借り入れを使っていたとしても、その後に返済を遅れてしまうであるなど、ブラックになりかねないことをしてしまうと、金利を優遇してもらえなくなってしまうでしょう。あくまで返済をちゃんとするお客さんに対して、カードローンは金利を優遇するのです。
(⇒ブラックでも借りられるカードローン

なぜカードローンの借り入れの金利は低いのか

なぜカードローンの借り入れの金利は低いのでしょうか。それは、カードローンの借り入れの際には法律的な制限によって上限の金利がきちんと最初から決められているからなのです。この上限を破ることは許されていないため、どの会社であっても融資の際にはお金を借りるときに消費者の負担が小さくなるようになっているのです。非常に借りやすくなっています。(こちらも参考になります→借りやすいカードローンの中でオススメは?

では、具体的にどのような法律によってそのような制限が出来ているのでしょうか。これは、利息制限法と言う法律によって出来ているのです。利息制限法と言うのは、融資の金額に従って利息の上限が最初から決められている法律のことを言います。利息の請求額が融資の金額と共に大きくなってしまう特徴を見込んだ法律になっているのです。

例えば、10万円未満の融資では最大で20%までの利息を請求することが出来るのですが、これが10万円以上の融資になると最大で18%までの利息しか請求できなくなります。さらに、これが100万円以上の融資に15%までの利息しか請求できなくなるわけです。このように、融資の金額に従って上限金利が最初から決まっているのです。

利息制限法のもう一つの魅力は、実質年率によって金利を表現しなくてはいけないことです。実質年率と言うのは、年率の中に融資に関する保証金などの付加価値を全て含めたもののことを言います。こうして表記することによって、後から付加価値的に勝手に利息の上乗せ分を追加できないようにしたわけです。こうすることで、公平な融資のサービスを提供することが出来るようになります。

このように、カードローンの借り入れの際には消費者の負担がなるべく小さくなるように考えられた金利の上限が決められています。支払う利息に関しては法改正もされてより安全になっていますし、それによって利息に関して大きなトラブルが発生することもなくなったのです。カードローンほど低い利息でお金を借りることが出来るサービスはありません。
(⇒低金利な銀行カードローンをお探しの方はこちらへ

【参考ページ】
破格金利のカードローンってどう思う?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.