いつも見ている使っているカードローンの掲示板があるんですけれども、そのスレッドに最近カードローン郵送なしの業者も増えているというように書いてありました。たしかに、私もよく見るようなきがするんですけれども、これはなにか意味があるんでしょうか。

今のところ自分はカードローン郵送なしにしていないですし、最初にローンカードを送ってもらいましたから万が一の時のことを考えて、明細なども郵送にしています。カードローン郵送なしにしている理由はどういう理由からが多いのでしょう。

周りの人にバレるとややこしい場合にカードローン郵送なし

理由については様々ありますし、これと一つに決められるわけではないですがほとんどの人は周りにバレるのが嫌だからカードローン郵送なしを選んでいるという人が多いようです。(こちらも参考にどうぞ→バレたくないから在籍確認もされたくない!)昔は明細を送って来るのが当たり前で借金をしていることが奥さんにバレたりすることも当たり前立ったようです。そうなると家族で喧嘩になってしまうこともあるので、嫌がっていたようです。

今もそれは同じで家族や奥さんに見られるのが嫌、借り入れをしていることを知られると怒られるというような人がカードローン郵送無しを選んでいるようです。郵送なしを選んでいる人の多くはメールもしくはATMを使って残高明細を見ているようです。メールアドレスを登録しておけば、そこに明細を送ってもらえたり返済日前にお知らせのメールをもらえたりするサービスが有ります。

またATMやメール以外にもネットを使った借り入れというのも行っている人はネットから確認をしているといいます。ネットには専用ページが有りますから、その専用ページに残高や明細がわかる項目があるのです。こちらをこまめに見ることで現在の残高などをチェックすることが出来ます。こちらのほうがバレないという意味では使いやすいでしょう。

家族や会社に借金をしているのがバレると困るという人は意外に多く、昔よりも消費者金融や銀行系カードローンへの理解は広まっているのですが、まだまだ古い考え方をしている人もたくさんいるのでしょう。仕方ないことですが。

カードローン郵送なしの手続きについて

カードローンでは昨今の貸金業法や利息制限法の改正によって貸金業を行うことが非常に難しくなってきました。そのため銀行や消費者金融はお客を得るために様々な努力をしています。 ますはお客さんのニーズにこたえるということですが、その最たるものはプライバシーへの配慮です。 プライバシーはここ10年くらいで意識されてきたことで、自分の情報をみだりに扱われることはないという利益およびそうすべき秩序のことを指します。そして貸金業者は融資という借主の重要なプライバシーに関する事実を握っているために、融資を受けている事実をみだりに発表されると借主にとっては非常に困ったことになることがあります。そのため借主としては少しでも自分のプライバシーに配慮してくれるところを選ぼうとします。

 プライバシーに配慮する場合の具体的な方法としては、融資の利用明細を自宅に郵送しないというサービスが考えられます。利用明細は現在の利用限度額と利用状況についての情報を借主に伝えることで、現在の状況を忘れないようにしてかつ返済の催促を行うものです。この情報は借主にとってのプライバシーに関する情報なので、家庭などに贈られることで自分以外の人間がこれを見た場合には借主のプライバシーは侵害されることになり、実際に困ったことになります。そのため銀行や消費者金融では利用明細を自宅へ送るサービスを停止するカードローン郵送なしサービスを行っています。

 ほかにも業者は様々なサービスを行っています。たとえば業者は借主の申し込みの際の情報が正しいかどうかについて確かめたり、返済能力についての調査を行うために、在籍確認という仕事場へ直接電話をかけて借主という人間の存在を確かめることがあります。このときに業者からの電話であることを示したうえで借主のことを聞くのではなく、電話をしている本人の名前を告げて借主に用があることを装うので、融資を受けたという事実が仕事場にばれることはありません。
(⇒在籍確認なしのカードローンを探している方はこちらへ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.