カードローンの書類を自宅に郵送しない設定

キャッシングベスト3

できるだけカードローンの書類を自宅に郵送しないようにしたいですが、こういう細かな設定というのは出来るものでしょうか。今使っているカードローンは大手の業者で、銀行系です。銀行系カードローンは出来ないけど消費者金融なら出来るとか、そういう違いもありますか?

最近の大手業者なら銀行系も消費者金融系も対応している

最近の消費者金融も銀行系カードローンもかなり対応が良くなってきているのですが、その一つとして各種書類を自宅に郵送しないように設定できるというものがあります。もちろんすべての業者で対応してくれるというわけではありませんが、ほとんどの大手の消費者金融でも銀行系カードローンでも対応している業者が必ず一つはあると言われています。

自宅に郵送しないとすれば方法としては郵便局に停めておくかもしくは会社に送ってもらうという方法でしょう。郵便局には局止めという方法がありますので、そこに送ってもらって止めておくことが出来ます。最近使われているのは住所貸しのサービスを使って、そこのメールボックスに入れておくという方法も使っている人がいるようです。対応が良い業者ならどちらでも可能でしょう。

もう一つ自宅に郵送しない設定をするのは紙の送り先を変えるというだけではなく、紙そのものを受け取らないという設定にすることも出来る業者は増えてきました。明細などを紙でもらうのではなく、メールでもらうというパターンです。メールアドレスを登録しておけば、そこに明細をもらうことが出来るので、自分の携帯電話から確認することが出来るでしょう。
(⇒郵便物が一切ないカードローンがあるって本当?

このメールでもらうという方法は中小の業者では対応していないところもあり、大きな消費者金融や銀行系カードローンのみが対応しているとされていますので、大手の消費者金融に問い合わせてみるのがいいでしょう。かなりの人が自宅に郵送しないようにしてほしいというように考えているので、このようなサービスはどんどん対応する業者が増えてくると予想されます

中小の業者しか信用の状況で使えないというのであれば、諦めたほうがいいかもしれません。

カードローンの利用明細を自宅に郵送しない手続き

カードローン業者は毎月の利用明細を借主に知らせることで現在の債務残高を確認したり、債務の返済を少し催促したりします。しかしこの利用明細を送るときに自宅に郵送すると、自分以外の人間が融資の事実について知ることとなる可能性が高く、自分個人のプライバシーが侵害されてしまうだけでなく自分が融資を受けていることが周囲にばれることによって人間関係が壊れてしまったり自分の信用が害されたりといった弊害が考えられます。

 業者はそういった消費者の不満に対応するためにカードローンの利用明細を自宅に郵送しないという手続きをとっている場合が多いです。そして利用明細はEメールで借主に知らせるという手続きが取られることがあります。

こういった業者が利用者のプライバシーに配慮して業務を行うことはほかにもあります。たとえば業者は利用者の人物が本当に存在するのかや、申し込みの時に話した職業などの情報が正しいかについて確認するために仕事場に電話をして確かめる時があります。これは一般に在籍確認というものです。 業者はこの座一席確認を行う際に決して自分が業者の人間であるということはあえて語ることはなく、個人名で電話をすることでまるで個人的な用事があるように装って本人に電話をして、仕事場に本人らしき人がいればそれで在籍確認を終わることがあります。

 また最近の銀行は主婦の方に対して融資を行うこともあるのですが、専業主婦の方は主人の収入に頼って生活を行っている方が多いですので、家庭に自分が融資を受けたことがばれると家庭や親せきン赤での自分の立場が悪くなったり人間関係に亀裂が生じたりしますので、ばれないように気を使っています。 それは融資の際には身内の方の同意が不要であるとしたり、ご主人の収入を証明する書類を提出する必要はないとしたりすることで主婦の方のプライバシーを守っているのです。 貸金業者も最近では業務wお遂行することが難しくなっているために努力をおこなっているんです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.