銀行カードローンで在カクしないところも?

キャッシングベスト3

最近銀行カードローンの中で在確をしないというような業者もいると聞きましたが、これは本当なのでしょうか。在確をしないとなると、かなり楽ではあるんですが、裏があるんじゃないかと思っています。消費者金融だけでなく、銀行カードローンで在確をしないようになったのはなぜなのでしょうか。

まだ銀行カードローンは在確が当たり前だが減っている

銀行カードローンの中には確かに在確がなしでも借り入れ可能なものも出てきていますが、まだまだ在確がなければ借り入れできないような業者の方が多いでしょう。今のところ2,3社程度が銀行カードローンの中では出てきたくらいで、それ以外は消費者金融の方が多いと思います。

在確なしで借り入れできる方が消費者金融や銀行カードローンのユーザーとしてはありがたいですけれども、必ずしもそれがプラスか?というとそうでもありません。特に銀行カードローン側からすると、こういう在確なしで貸出をするというのはかなりのリスクになります。(こちらも参考にどうぞ→銀行ですすめられたカードローン

今でも申し込みに嘘を書いたりする人もいるし、給料明細などを偽造するようなところもあると言われています。在確をするというのはちゃんと働いているか、給料を得られているかなどを確認することにつながりますから、在確をしないとなるとこういった点を確認しないリスクが出てくるわけです。

ですので消費者金融でも銀行カードローンでも、在確の電話を入れない代わりに、最近では源泉徴収票など会社名がはっきりと分かる書類を出してもら様にしているようです。一番多いのが給料明細と源泉徴収票ですが、その他にも保険証を出してもらうという場合もあると聞いています。電話のほうがすぐに終わるので書類提出よりも楽という人もいるでしょう。

人によっては在確を気にしない人もいるので、この辺りは選択制になっているようです。銀行カードローンに申し込みをすると、在確の電話を入れてもいいかと聞かれて、それよりも書類提出のほうがいいというのであれば、そちらを選べるようになっているそうです。消費者金融も銀行カードローンも使いやすくなったものです。
(⇒在籍確認なしで契約できるカードローン

銀行カードローンの審査時には在確が行われるので注意

日々の生活をよりよいものにしていくためには、ふとしたタイミングで沸き起こってくる緊急性の高いお金の必要性にいかに効率的に対処していくかが重要となります。このような時にもしもお金が不足してしまった時、親や兄妹、友人などに借りるという手もありますが、こんなことが続くと誰からも愛想を尽かされてしまうもの。そうならないためにもあくまで自己責任でお金を調達出来る手段を確保するのは大切です。その意味でも銀行カードローンはとても使い勝手の良い借り入れ方法と言えるでしょう。

銀行カードローンは、契約時に一枚の個人専用カードを発行してもらうことで、もしもお金が不足したら提携ATMに急行することですぐに融資金を引き出すことが可能となります。ただし銀行カードローンを使うには審査を受けなければなりません。審査では申し込み時に記入された個人情報を精査されると同時に、それらの記入事項の真偽を確かめるべく在確が行われます。在確とは在籍確認を略した言葉で、つまるところ記載した勤務先が合っているかどうか、本当に申請者がその企業に在籍しているか否かを実際に電話して確かめてみる作業を言います。

銀行の融資担当者が審査の中でこの在確を行う際、基本的にはそれがカードローンの在確であることを伝えることはありません。申請者のプライバシーの問題に最大限配慮しつつ、電話に出た相手に借金関連の電話であることを悟られない範囲で確認事項を済ませることとなります。もしもこの時に会社に借金のことを知られるとまずいと言う場合には、事前に審査担当者にその旨を伝え、「在確の時にはこのような企業名と名前でお願いします」と念を押しておくとよいでしょう。

また、場合によっては自宅にも確認の電話がかかってくることもあります。これはもちろん、自宅の連絡先が正しいか否かを確かめるための作業で、もしも家族が電話に出るとまずいのであればこれもまた、審査担当者と口裏を合わせておくことが必要と成ります。

こうした電話での入念な確認作業を経た上で、正式なカードローンの使用許可が得られるというわけなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.