65歳以上簡単借りやすいカードローンは?

キャッシングベスト3

60歳まで商社に勤めておりました、65歳の男性です。クレジットカードは持っていますが、ほとんど利用したことがなく、買い物もいつも現金一回払いにするのが常でした。借金というものは今までまるでしたことがありません。

しかし、年金生活でも年金自体が収入とみなされ、カードローンが利用できる、というような話を聞きました。銀行のキャッシュカードと違い、時間外手数料など取られないから、お得だし便利だ、などと言う若い人間もいまして興味を持っています。ただ、手続きが面倒なのはイヤなので、簡単で借りやすいカードローンがいいと思います。教えていただければありがたいです。

インターネットが得意ならウェブ完結の手続きが便利でお勧め

商社にお勤めだったとのこと。もしかしたら、語学が非常に堪能なのでは?またパソコンなども、器用に使いこなせるのではないですか。

少し前まで、60歳を超えると、借金はできなくなる、カードローンなどは申し込みもできない、なんて思われていましたが、昨今の60代は本当にアクティブ。高齢者なんてイメージのない、若い方が、男女ともに増えているように感じられます。

相談者さんもおそらくそんなおひとりですね。60歳を超えても利用できるカードローンもありますから、利用してみるとよいと思います。おっしゃる通りのメリットも充実しています!

できれば、手つづきが簡単で借りやすいカードローンがよいとのこと。それならば、ウェブ完結が断然オススメ。申し込みから審査、借り受けまですべて自宅のPC、あるいはスマホでできてしまうすぐれた機能です。簡単な操作でできますから、パソコンを使い慣れている人なら、おそらく楽勝でしょう!
(⇒簡単審査のカードローンをお探しの方はこちら

65歳以上でもカードローンは利用できるのか

カードローンの申し込み規定には年齢制限というものがあり、その多くは20歳以上65歳未満としています。20歳以上というのは成人ということでこれは納得のいくところですが、上限年齢が65歳までとされているのはどういう理由からなのでしょうか。(こちらも参考にどうぞ→カードローンに利用年齢制限がある意味が知りたい!

まず、企業の定年退職が60歳か65歳と規定されており、加えて年金の支給開始年齢が徐々に引き上げられて65歳からとされることに理由があります。ローンの借り入れには安定した収入のある人という条件がつきます。企業で働いているうちは毎月の給料やボーナスがありますが、退職すればそれはなくなります。また、年金受給額は給与に比べれば少なくなります。

また、病気や死亡のリスクもあります。日本人の平均寿命が80歳であるとはいえ、そこまで健康的に暮らすことは難しく、60歳を超えると色々と健康上の問題が出てきます。それに伴い、薬や病院への支払いがかさむと、少ない年金から捻出しなければならず、生活を圧迫する一因ともなりかねません。

しかしながら、65歳以上でもカードローンの受付を行っているところもあります。年齢規定というのは法律で定められているものではなく、自社規定によるものですから、探せばあります。さすがに70歳を超えても取り扱っているところはほぼありませんが、70歳までなら大丈夫です。

現代では65歳以上といっても、健康な人が多くいるのもまた事実ですし、自営業者ですと働いている人も多くいます。また、会社の顧問などとして残っている人は年金以上の多くの給与を得ているため、支払いに余裕のある人が多くいます。

年金受給者でも少額ならば対応してくれます。というのも、総量規制により、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までとされています。年金も立派な収入に当たりますので申し込みの際には年金額を記載すればよいのですが、平均年金受給額は200万円ほどですから、60万円程度までならば申告は可能となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.