銀行系カードローンはブラックで借りられる

キャッシングベスト3

法律が変わってからというもの、すごいたくさん出てきた銀行系カードローンですけれども、この銀行系カードローンって審査が厳しいと聞いています。消費者金融よりも借りにくいから、選ばれた人しか使えないというように言われていると聞きます。

この銀行系カードローンをブラックの人が使いたいとしたら、ブラックの人は借りることが出来るんでしょうか。なにか裏技であるとか特殊な方法を使えば借りられるというようなことはあるのですか?

ブラックだと銀行系カードローンの借入はほぼ不可能だ

銀行系カードローンを使いたいという人はブラックの人もブラックでない人も、かなりたくさん存在しています。利用したい理由は簡単で信用できるから、そして金利が低いから、また使える方法が多いからでしょう。これらのメリットを得たいために銀行系カードローンにブラックでも申し込む人はいますが、残念ながら審査に通る可能性というのは殆ど無いと思っていいでしょう。

なぜこのようなことが言えるかというと、銀行系カードローンのほとんどが銀行系カードローンは審査がかなりシビアだからです。厳しいだけではなくちゃんと審査を見ているので、審査で間違って取ることがあるというようなこともまずありえないようになっています。ブラックである人は信用調査の時点ではねられてしまいます。
(⇒カードローンの審査に落ちる基準とは

じゃあなにか特別な裏技を使うことができれば、ブラックの人でも審査に通ることが出来るんじゃないか?というような考え方もあるかもしれませんが、銀行系カードローンにおいて裏技というものはありません。仮に嘘をついて偽名や偽造した免許証などを使って借り入れができるかもしれませんが、それは犯罪です。詐欺などで使ってしまうのです。

そのような犯罪をしてまで借りる必要性はないと思います。唯一ブラックの人が借り入れをすることが出来るとすれば、ブラックでなくなることでしょう。数年間借り入れをするのを我慢していれば、ブラック情報というのは信用情報からなくなります。そうなれば銀行系カードローンからの借入もでいるようになりますから、待つしかないでしょう。

銀行のカードローンはブラックの人でも借りられるか

かつて多く存在した独立系消費者金融も、大手の多くは銀行傘下となり、現在カードローンといえば銀行や大手ノンバンクなど、メジャー金融系が主流となりました。かつての金融に比べると金利も安くなっていますし、かつての一部消費者金融のような一流企業の枠を超えたような対応がなされる心配もありませんので、ひととおりの安心感を持って利用することができるローンといえるでしょう。もちろん、借金である以上は、充分な計画性と節度をもって利用すべきであることはいうまでもありません。

ところで、かつて支払い事故を起こした人はブラック情報として登録され、カードローンなどの融資を受けることができないと言われています。これには、銀行系、クレジット会社系、消費者金融系の三つの信用情報機関が存在し、相互に情報を供給しています。つまり、この三つの業種で借り入れ事故を起こした場合は、お互いに新規の借り入れができなくなるということです。逆に、この3つの業種を通さない業種の延滞は、情報提供されません。ただし、独自管理による後払いでも一定期間延滞後はクレジットカード会社に譲渡される場合がありますので、注意が必要です。

借り入れ事故とは、原則2ヶ月以上の延滞を指し、その後は返済したとしても事故情報として保管されます。保管期間は延滞の場合で5年(消費者金融は1年)、自己破産の場合は10年が原則です。数日程度の延滞で自己記録となることはないようですが、微妙なケースの場合は各信用情報機関に情報開示請求してみることができます。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)
CIC クレジット会社系
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融系

もちろん、これらの情報が開示されるのは本人だけで、金融機関も融資申込みがあった際に限られます。かつて有名なマンガの冒頭場面で、消費者金融が就職希望者に対して借り入れ情報を紹介する場面がありましたが、これはもちろん違法です。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に落ちたけれど再申し込みはしない方がいい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.