なぜ審査甘いカードローンはブラックに貸す

キャッシングベスト3

審査甘いカードローンってありますよね、あれってなんでブラックの人たちにも貸出をしているところがあるんでしょうか。ブラックの人たちに貸出をすると、それだけ戻ってこない可能性もすごい高いと思うんですけれども、それでも審査甘いって言われているカードローンは貸しているところもあると聞いています。

これはどうしてそんな危険なことまでして貸出をしているんでしょうか。借りる側からしたらありがたいかもしれないですが、貸している側はどう考えてもリスクが高いように思うのですが…

リスクが高いブラックの人に貸しても大丈夫な理由がある

リスクが高い、それはその通りです。借入をしてもらうならば収入が安定していて高い人にしてもらいたいと思うでしょうが、そういう人たちは大手の銀行系カードローンなどから借入をします。そうなると残っているのはリスクの高い人達です。ブラックの人も含めて、そういう人に貸出をすると返ってこない可能性もあるので、ちゃんと保証金などを払ってもらっているのです。

最近最も多い仕組みがこの保証金を使ったものなのです。保証金はご存知の通り、一般的に知られている消費者金融であれば支払う必要はありませんが、こういうブラックでも受け入れているような所は保証金を支払うように言います。しかもその金額がかなり高いのです。高いものだと借り入れしたい金額の半分くらいを求めるところもあります。ただ、それを払えば貸してもらえるのでブラックの人たちは払うのです。

こうしておけばもし支払いをしてこなかった場合でもちゃんとその分のお金を支払ってもらえる所があるので、保証会社からお金をもらって損をしないという仕組みがちゃんと出来上がっているのです。このため、多くの審査甘いと言われているカードローンの中にはブラックでも貸出をするところがあるのです。リスク自体はそこまで高くないようにできているのです。

もちろん借りる側からしたら高い保証金を払うのが大変だし足元を見られているかもしれませんが、ブラックでも借りたいというのですから仕方ありません。本当に良い条件で借りたいなら、ブラックの間は我慢するしかないでしょう。

ブラックの人にも貸す、審査甘いカードローン

もし給料日の前に外せない飲み会や大事な人とのデートがあったらお金を借りてでも行こうと思うでしょう。もちろん常日ごろからそんなことにならないようにお金は計画的に使わなければなりません。しかしどんな時でもお金を貸してくれると非常に便利です。ただこのように融資を繰り返していると、消費者金融からはブラックリストに載ってしまいどこの銀行や消費者金融も貸してくれるところはなくなります。

しかし何事にも例外はあるものです。ブラックリストに載ってしまっても簡単に貸してくれる消費者金右派今では多くなってきており、そういった業者は申し込みから契約、そして入金までの流れ非常にスムーズで審査などあってないようなものらしいです。こういうのが最近の中小企業の消費者金融の特徴になります。
ただこういう消費者金融は怪しいところも多く、返済が少しでも遅れると脅迫や暴力を振るわれるのではないかと心配になります。 しかし現在ではこのようなことは非常に難しくなっています。2010年の貸金業法の規制により貸金業者は収入の3分の一しか融資してはいけなくなりましたので、無職の方に融資を行うことはできなくなりましたし、また利息制限法により不当な利息は絶対に契約で定めることはできなくなりました。また暴力団排除は各都道府県が法令で定めるようになっていますので、消費者金融と暴力団がぐるになって債務者を追い詰めるということは今では難しくなっています。

 そんな融資を簡単に受けることができる銀行としては住友信用金庫があります。 こちらはネット銀行になりますのですべての手続きがインターネットで行えます。そのため申し込みと契約、資金の振り込みが簡単に行えます。 またこちらでは明細書が家に送られてくることがありませんので身内や親戚の方に融資を受けている事実をばらす心配がなくて済みます。 住友信用金庫は審査甘いカードローンとして有名で、ほとんどの方が借りられます。
 

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.