カードローンの申し込みブラックとはなにか

キャッシングベスト3

カードローンの話をしている人たちの中で申込ブラックという言葉が出て来ていました。申し込みブラックというのは初めて聞いたワードなんですけれども、いったいどういうものなのでしょうか。申し込みブラックになるとどうなるのか、そしていわゆるブラックリストとはどう違うのかなどが知りたいです。

申し込みしすぎてカードローンに嫌われた状態をいう

一般的なブラック状態とは違って、申し込みブラックというのはいわゆるカードローンの申し込みを何度もしてしまうことでなってしまうと言われています。増額申請なども同じで、審査を何度も連続で短期間に受けてしまうと、申し込みブラックになってしまいます。その間は借入の申込をしてもすぐに断られてしまうのです。

つまり申込ブラックというのは任意整理や自己破産などをした時のブラック状態の短いものだと思ってもらっていいでしょう。一般的なブラックだと5年や10年は借入やクレジットカードは使えませんが、申し込みブラックの場合は半年間で十分だと言われています。つまり半年だけ待って借入申込を再開すれば大丈夫というわけです。

あまりこの申し込みブラックというものがカードローンにあるということを知らない人も多いので、申し込みを連続して行ってしまってなかなか借り入れができないようになる人も少なくありません。心配症の人などは一つだけではなく2つ3つとカードローンに申し込みをしてしまうので、その時点で申し込みブラックになってしまうこともあるくらいです。

このような状況にならないためには申し込みを出来るだけ連続で行わずに、ひとつの業者に申し込みをしてから数ヶ月は明けておくようにすることでしょう。もちろんすぐに借入をしたいから審査に落ちてしまった後にもお金が必要という人もいるでしょうが、そういう場合は中小の業者など、確実性の高い所に申し込みをして借入をすればなんとかお金を用意できるでしょう。

カードローンも消費者金融でも信用調査が入るようなものではまず申し込みブラックというものありますから、連続での申し込みはやめておきましょう。

【参考ページはこちら】
ブラックでも借りれるのはどんなカードローン?

信用ブラックの人がカードローンを利用する2つの方法

信用情報というのは金融会社から融資を受ける際にとても重要な項目です。これは審査において必ずチェックされる項目であり、信用情報が低下している人は審査でそのことがばれてしまいます。信用情報が著しく低下していることをブラックと呼びます。

信用情報はどのような理由で低下するのか、これはしっかりと覚えておきたい知識です。基本的に返済トラブルを起こすことで信用情報は低下します。よくあるのは返済日に返済することができなくて延滞するというケースです。返済を延滞すると当然約束を守ることが出来ていないので信用は低下してしまいます。また、こうして返済不可能になって債務整理をすることでも信用は低下します。

どのような理由であれ信用ブラックになってしまうと、カードローンを持つことは難しくなります。信用ブラックの人がカードローンを利用するためには2つの方法があります。

1つの方法としては、信用情報が回復するまで待ってから申し込みをするのが良いです。現在、どのくらい信用が低下しているのかによって、しっかりと信用情報が回復するまでの期間は異なりますが、時間がかかっても信用情報が回復してから申し込みをするのが最も確実な方法だと言えます。カードローン審査では年収や他社借入など様々な情報が審査されますが、その中でも信用情報は非常に大切な項目だからです。

2つ目の方法としては信用ブラックでも受け入れてくれる金融会社を探す方法があります。これは一般的にいう審査の甘い会社、審査の緩い会社を利用するという方法です。金融会社によってどのような人を対象として融資をしているのかは様々であり、審査の基準についても各社によって違いがあります。そのため、信用ブラックでもカードローンを利用することができる会社は存在するので、そうした会社を利用すれば審査は通りやすくなります。悪徳な会社だけには注意をして、合格しやすいカードローンを探してみると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.