審査の通りやすいカードローンは使える?

キャッシングベスト3

だれでも使えるような消費者金融やカードローンっていうのはないんでしょうか。誰も使える、使いやすいものを探しているんですけれども、審査の通りやすいカードローンが一番、というように思います。実際、審査の通りやすいカードローンはだれでも使いやすい、万能の貸金業なのでしょうか。

審査の通りやすいカードローンは万人受けはしない理由がある

審査の通りやすいカードローンはだれでも借りやすく、審査に通りやすいということもあって使えるんじゃないか?そういう風に思うかもしれませんが、実はそうでもないのです。いくつかの理由があって、まず万人受けしないと思われます。審査の通りやすいカードローンのメリットである審査が簡単ということを除いて、デメリットを見ていくべきです。

例えば一つ挙げられる大きなデメリットは使えるところが少ないということです。ネットローンに対応していないということもありますし、場合によってはネットだけではなくATMが使えるところもかなり限られている業者もあります。コンビニATMをメインに使う人が多い中、コンビニATMが使えないとなるとかなり使いにくさを感じるでしょう。

もう一つが審査の通りやすいカードローンだけれども、返済支払いにかなり厳しい業者も存在することです。一度でも返済をし忘れて、1週間くらいですぐに督促状を送ってくるようなところもあります。職場に連絡をしたり、自宅に何度も連絡をするところもありますので、返済がしやすくて柔軟なところのほうがいいという人もいるでしょう。

当然金利についてもベストであるとは言い切れません。ベストの金利の業者が必ずしも審査の通りやすいカードローンであるとはいえないですし、どちらかと言うと審査の通りやすいカードローンというのは金利が高めに設定されていることも多いものです。ですので支払金額を減らしたい!という人には使いにくいでしょう。(こちらもご参考に→金利を下げたい時はどうすればいい?

だれでも使いやすい業者、というのはおそらく有名な消費者金融などになると思いますが、それでも自分にとってはいまいちであるという場合も少なくありません。審査の通りやすいカードローンもそれは同じで、誰もが使いやすいわけではないのです。

どこの会社も審査の通りやすいカードローン

基本的に、どこの会社であっても審査の通りやすいカードローンと言うサービスが存在します。カードローンを提供している会社にはいくつか存在しますが、共通するのはこのサービスが一般的な消費者に対して向けられた少額融資のサービスだということです。元々借りやすいように作られていますので融資の条件も全く厳しくなっておらず、気軽に借りることが出来るようになっています。

なぜここまで言えるのかというと、カードローンには本来二つの意味が存在し、その片方のサービスは現金を貸すためにはあまり向いていないサービスだからです。片方のサービスが現金を貸すことにあまり向いていない影響で、現実的に現金の融資に特化したサービスはもう片方のカードローンのサービスしか国内に存在しないと言っても過言ではありません。

現金に特化してないカードローンのサービスと言うのは、クレジットカードのキャッシング枠のことです。これは消費者が利用する一般的なカードローンの一つなのですが、当然クレジットカードは現金を利用せずにショッピングをすることを念頭に考えられたサービスですので、キャッシング枠のサービスはそれほど充実していません。その証拠に、審査は厳しいですし制限が厳しくなっています。

反対に、もう一つのカードローンである消費者金融のサービスは、最初から現金に特化した融資のサービスを行っていますので、融資に関する条件や制限が非常にゆるいのです。実際、カードローンの上限は会社側が勝手に決めるわけではなく、法律的な基準が明確に存在します。利息に関しても金額に従って必要以上に大きくなることはありませんので、とても借りやすいサービスなのです。

また、こうしたカードローンのサービスは大手の会社や普通の会社問わずに基本的にものすごく審査に通りやすいと言う傾向があります。必要な書類もほとんどなく、所得の証明の審査などは口頭の審査で終わらせる会社が圧倒的に多いのです。これほど利用しやすいサービスは他にはありません。
(⇒カードローン審査で在籍確認されない方法

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.