カードローン通りやすい人と通りにくい人

キャッシングベスト3

いろんな人がカードローンの話をしているサイトを見ていると思うのが、カードローン通りやすい人と通りにくい人の二通りがいるんだなということです。有名な銀行系カードローンであれば、通らないという人がいるのも当然でしょうが、有名ではないかなり小規模なカードローンでも通らないという人がいたので驚きました。

小規模であるカードローンすら通らない人がいるというわけですが、どうしてカードローン通りやすい人と通りにくい人がいるのでしょうか。みんなお金に困っているということは共通していると思うのですが、どうしてここまでの差が出るのか、よくわかりません。

カードローン通りやすい人と通りにくい人の違いは過去にある

まず間違いなくカードローン通りやすい人と通りにくい人の違いというのは今の状態、というよりも過去の積み重ねにあると思われます。もちろん今から頑張って挽回することも可能ですが、過去を振り返ってみるとやはりカードローン通りやすい人にも通りにくい人にもちゃんとした理由がある場合がほとんどでしょう。

例えばカードローン通りやすい人というのは絶対に信用を築き上げてきているので、返済を遅れたりしたことがありません。これはカードローンだけではなく他の住宅ローンやクレジットカード、カーローンなども含めてです。奨学金などもそうですし、返済を遅延したということもなく、もちろんブラックになったこともない人です。

逆に通りにくい人を見てみると、過去に遅延を繰り返している場合もあれば、遅延損害金を払っていたり、夜逃げをしている、延滞になってブラックになっているなどの事情があります。仕事をやめてしまったなどの仕方ない部分もありますが、それでもちゃんと話をしていなかったという時点で、悪い評価を受けてしまっているのです。

ですから過去のおこないというものが今の消費者金融やカードローン通りやすい・通りにくいというものを決めていると考えていいでしょう。過去の積み重ねですからすぐに元に戻すのは難しいですが、今から信用を積み重ねればとおりやすくもなるでしょう。

カードローン通りやすい審査のあるのはどこか

カードローンはどこの業者でも普通の貸金業者から融資を受けるよりは定額の融資しか受けることはできませんが、来店が不要であったり電話やインターネットから申し込みを行うだけで好かったり収入証明書などの各書類が必要なかったりと非常に便利です。 しかし手軽に借りることができるからと言って、消費者金融や銀行も慈善事業ではありませんので、しっかりと利息を支払ってもらいさらに原本を返済してもらうまで利息を支払い続けなければなりません。

 そのため業者のほうはしっかりと返済できるかどうかを審査を行うことによって判断しますので、その審査に通らないと融資を受けることはできません。 そしてカードローンはその融資を受ける手続きが容易なことから担保のない方が融資を受けようと申し込むのですから、カードローンの審査は当然に厳しいものとなるのが通常です。

 そのため融資を受けようと思う側としては、できるだけ審査の緩いカードローン業者を探して融資を申し込むことになります。 カードローン業者が返済能力や経済的信用についての審査を行うときに基準とするのは、その借主がほかに借金や融資を受けていないかということや安定した収入があり、返済するまで良好に仕事を続けていけるかということです。そのため業者は仕事先に在籍確認の電話を行う時があります。 カードローン通りやすいかどうかでいうと、一般に消費者金融は審査が緩いことが多いです。こちらでは小規模の融資を行っていることが多いのでそのフットワークが軽く、少しでも返済が遅れるとすぐに催促を行うことができますから、審査は緩くなっているのです。しかし返済しなかった場合は違法すれすれの手段をとられる可能性がありますので、注意が必要です。

 安全で安心なのは銀行系のカードローンです。こちらでは低金利で合法であることが確実です。しかし大規模な企業であるためフットワークは重いです。そのため審査は厳しいものとなっております。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.