無職でもカードローンが持てる方法はないか

キャッシングベスト3

どこかで働きたくても事情があり働きに出られません。けれど家計は苦しく今月もギリギリのやりくりをしています。カードローンが便利で使いやすいと聞いたことがあります。そこで調べてみたら、やはり働いていないとカードローンは利用できないことが分かりました。けれど、どうしてもお金が必要なので、無職でも大丈夫なカードローンて無いのでしょうか?

無職でも配偶者がいる専業主婦はカードローンを作れると言えます

今や手軽に使うことができることようになったカードローン。金融機関などの銀行での取り扱いはもちろん、貸金業の消費者金融でも申し込みができるので持っているひとも少なくないと思います。

カードローンの使うときと言えば他でもなく、支払いのお金が足りなかったりするときですよね。他にも生活費の足しなどいろいろですが、とにかく持っているお金が足りないときです。手持ちのお金や貯金が十分にあればカードローンでお金を借りる必要などありません。しかし、カードローンは銀行や消費者金融にとっては大切な商品です。スーパーでのショッピングやランチを楽しむときにはお金が必要なように、何か商品を手にするにはお金を支払わなければなりません。

お金を得るには働いている必要があります。カードローンは銀行や消費者金融の商品です。商品はお金が無ければ買えないのと同じように、カードローンもお金が無ければ作れない商品なのです。しかし、カードローンはお金がないというときに使うものだというのに不思議な話。なので、そのときにお金がなくても、きちんと収入があって返すことができるのかということがポイントなのです。

ローンに家族は関係ないものなのですが、夫婦の場合は違います。例え、本人が専業主婦(または主夫)で外に働きに出ていなくても、夫や妻などの配偶者が働いて収入があるという状態ならばカードローンは申し込めるというプランがあるのです。それならば本人が無職でも問題はありません。(こちらも参考に!→専業主婦専用の即日融資カードローン

ただし、主婦やアルバイト、パートに向けたキャッシングプランは、他のプランよりも借入額が少なくなっています。大きな買い物をするという場合よりも、ちょっとした買い物の足しなどに使うのが適しているプランです。

また、申し込みをするには配偶者の許可が必要です。自分で用意する書類や相手に用意してもらう書類などがありますので、夫婦でよく話し合ってから申し込みをするようにして下さい。

無職カードローンはあります

今現在職業についていない、いわゆる無職の方でも身内に不幸があったり一大決心の上で新しい商売を始めたりするなど資金が必要になるときはいろいろとあります。そのためにはカードローン業者から融資を受けることが必要になりますが、無職の方は一般に融資を受けるのが困難と考えられています。それはなぜでしょうか。

 まずカードローン業者は全く返済能力のない人間にお金を借りられても設けにならないため、ある程度の収入があることを申し込み条件に設定している場合が多いです。無職の方は収入がないことが通常ですからまずこれに引っかかって融資を受けることができないことになりますので、この条件を回避する必要があります。

 しかしこの条件を回避することはそれほど難しいことではありません。 現在のカードローン業者は主婦や学生などの収入がないと一般に考えられている方にでも、アルバイトやパートを行っていることを条件にして融資を行う場合があります。そのため一定の職業についていない方でもアルバイトやパートを行っていたり、その経験があるという方は契約書などの証拠を持っていくことで、それらを行っていたことについての証明が可能になります。

 また専業主婦であるために働いていないという方のために、専業主婦専用のカードローンということものもあります。こちらでは借入額は50万円以下という低額しか融資を受けることはできませんが、身内や配偶者の同意を得てから申し込む必要はありませんし、配偶者の源泉徴収票などの収入証明書なども提出する必要がないので、配偶者や身内に融資を受けた事実をばらさないで済みます。

 無職カードローンというのは無職の方でも借りることができるカードローンのことですが、純粋な無職では難しくせめてアルバイトをやっていたり今現在派遣会社に登録しているなどの事実がないと返済能力があるとは判断されませんので、審査に通ることはできません。最低限は行いましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.