65才以上は無職でなくてもローンは無理か

キャッシングベスト3

65才で今まで働いていた会社を定年退職したあとに別の会社で働いているのですが、カードローンは申し込むことはできるのか、知りたいのです。お願いします。

65才以上でも対象のプランを選べばカードローンは利用可能です

収入があることを条件に担保や保証人を設けることなく、便利に使うことができるカードローン。最近では銀行でも審査に通りやすくなっていたり、申し込みから審査完了の時間までがとても短くなっているところがあったりして急な出費があったとしても、その日のうちに対応できることから、サラリーマンだけでなくパートをしている主婦などにも人気があるローンのひとつになりましたね。

そんな人気のカードローンですが、収入があれば誰でも申し込めるわけではない、ということをご存知でしょうか。

確かにカードローンにおいて、お金を借りたら返さなければいけないので収入があることは必ず審査を通過するうえでは重要なことであることに間違いはありません。しかし、収入があることだけが条件ではなく、その収入が毎月必ず手元に入ってくるという安定性が必要なのです。そのような面からも、公務員などが喜ばれる職種であるとも言えます。また、安定という考えから、勤続年数なども重要視されます。どちらかというと、こちらのほうが職種よりも重きを置かれるところではあるでしょう。

収入、職種、勤続年数など、どれをとっても「お金を貸したら戻ってくるか」「このひとは信用できるひとか」を判断するために、用意されている審査の最低条件があり、それらをクリアできなければローンのためのカードは作ることができません。そして、申し込み条件の中にある年齢制限もそのために設けられているものです。

多くのカードローンのプランで設定されている年齢は20才から65才までになっています。20才からなのは、世間的にも法律的にも「二十歳」という年齢が、大人として常識のある判断ができる年齢であるからです。また多くの場合、働いたりし始めるのも20才前後であることから「収入がありまた、常識的なキャッシングで責任が持てる年齢」として許可されています。

そして、65才までという年齢には定年退職が関係しています。退職をしてしまうと、それまで定期的にあった収入がなくなってしまいます。例え、多少の蓄えがあったとしてもローンを組むということは持っているお金では足りないからローンを組むわけで、貯蓄はゼロということになります。収入がないということは返済に無理が生じることになるので、定年を迎える年齢までや、その前後がキャッシングできる範囲として設定されているのです。

けれど、中には定年を迎えてからもバリバリと元気に働いてるひともいます。その場合は収入があるという状態なので申し込めるプランもあります。窓口で相談してみたり、65才以上でも対象年齢にしているローンのプランもあるので、それを使えるのか相談してみるのもいいでしょう。

65才以上で無職でもカードローンは利用できます

 今ではお金を借りるために直接対面する必要は必ずしもなく、申し込みから審査、借入までは電話とインターネットですべて行えますので非常に手軽にお金を借りられるようになりました。(こちらも参考にどうぞ→カードローンの申し込みブラックとはどういうもの

 しかし便利なカードローンでも年齢制限や定職の制限がありますので、65才以上だったり無職の方はカードローンの融資を受けることはできない場合が多いですので、そこは業者ごとの違いなどに注意をする必要があります。

 また2010年の法律改正により消費者金融は総量規制の影響を受けます。これにより収入がない方に融資を行うことは不可能になりましたので、消費者金融から借金をするのはできなくなったと考えるのが無難です。65才以上であれば年金があるために収入があると考えることもできますが、消費者金融としてはもし法律上年金が収入に当たらないという判断が裁判所よりなされれば、その業者は違法な業者として貸金業を行う許可を取り消される可能性がありますので、業者としては注意せざるを得ないことになるのです。実際現在の消費者金融の中で無職の方に対して融資を行っているところはありません。

 しかしこの総量規制があるからと言って融資を受けることあきらめる必要がありません。この法律上の着せは消費者金融にしか及ばないことになっているために銀行系のカードローンからであれば融資を受けることができると考えられているためです。

 銀行系のカードローン業者は主婦や学生相手でも融資を行うところがありますので、その門戸はとても広いです。そのため定年退職したために現在は無職という方でも融資をしてくれる可能性があります。

 65才をすぎると収入と呼べるものは年金しかなく、ほかには今までためた財産があるのみですのでどうしても余生を過ごすためのお金の心配はしてしまいます。しかしある程度の融資であれば受けたとしても年金をある程度節約していけば返すことが可能ですので、もししたいことがあるのならば我慢せずにお金を使うことも選択肢の一つです。
(⇒カードローンの利用年齢制限は何歳まで?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.