銀行カードローンで車を買うことはできる?

キャッシングベスト3

とあるところからの情報ですけれども銀行カードローンで車を買う事ができるという情報を得ました。銀行カードローンで車を買うことができるなんてちょっと信じられません、普通は旅行に使ったり急な出費に使うことが多いものですから。

自動車ローンと比べてどういう風に違いがあるんでしょうか。また自動車ローンではなく銀行カードローンを選ぶという人にはどういう人がいるのでしょうか。

金利は高いが自由に出来る点が銀行カードローンのメリット

おそらく銀行カードローンを使って自動車を購入するという人はかなり少ないと思います。銀行カードローンのいいところは自由に使えるところですから、もちろん自動車を買うことも出来るでしょう。ただ、銀行でそういう話をすると「こちらの方がいいですよ」というように自動車ローンを薦められると思うので、それを断ってまで使うのは難しいかもしれません。

ただ銀行カードローンで車を買うことに全くメリットがないわけでもありません。デメリットとしては明らかに金利が高くなってしまうということがありますが、メリットとしては自由に使うことが出来るという点があります。ここが大きな違いであり、カードローンの支払いなども自由に決めることができる点もポイントです。(こちらもおすすめ→銀行のカードローンは低金利で借入ができる?

そして何がいいのかというと、これは銀行カードローンで車を買うと担保として車を設定しなくていいという点です。担保なしで借り入れができるものが消費者金融や銀行のカードローンの特徴ですから、車を担保に入れる必要もありません。自動車ローンは車が担保になっていますから、支払いが滞るようなことがああれば、それで車を差し押さえられてしまいますが、銀行のカードローンならそれがないのです。

こういう担保として設定するかどうかという点も大きな点ではありますが、一般的にはやはり自動車ローンを使って組んだほうが楽なのは間違いないでしょう。銀行カードローンで車を買うのも出来ないことではないのですが、一般の人にとって見ればそれは意味が無いですし利息が低いほうがいいと考えるものでしょうから、おすすめは出来ないですね。

銀行カードローンで車を買うメリットは何があるのか

自動車を新しく購入したい場合には、まとまった貯金があればそれに越したことはありませんが、手元に資金がない場合は銀行で扱っていることの多い目的別のマイカーローンを利用することがベストです。その他には、自動車会社のディーラー系の信販会社やファイナンス会社でもローンを組むことが可能ですが、総支払い金額が高くなってしまうというデメリットも大きいです。

そこで銀行のマイカーローンを選択する理由としては、目的が限定されるローンであるため金利が安いこと、しかも購入した自動車を担保にしてお金を借りる形となるため、万が一支払いが出来なくなった場合には、自動車を担保にしている点で安心でもあるからです。ただこうしたマイカーローンを組む上では、銀行の審査を受けなくてはならず、しかも年収の3分の1以内と言う様に限度が決まっている特徴があります。

それに加えて、保証人が要求される面もあります。そういった手続き面が意外とややこしいのも現実でもあるため、それを選択しても審査に通過しないケースも多いです。

もし万が一、審査に通過しない場合には、銀行カードローンで車を買うことも検討することができます。銀行カードローンは、マイカーローンほど金利が安くなることはありませんが、それでも自動車会社のディーラー系の信販会社やファイナンス会社よりは金利がお得な点もあります。

また一括で現金を借りることで、自動車の支払いを済ませてしまうことが出来るため、その自動車の名義も自分自身となります。信販会社やファイナンス会社、銀行のマイカーローンでは、購入した自動車は担保に供されるため名義は保留されたままであることが多いのです。

そして銀行カードローンは保証人も必要とされないし、しかも返済方法も事情に合わせて選択できる点があります。また銀行カードローンは、消費者金融やクレジット会社とも違い、貸金業法の適用を受けなくても済む点があります。
(⇒初めての借入でも審査に通りやすいカードローン

つまり、総量規制である年収の3分の1以内という条件に該当する必要はなく、借りることが出来る金額に制限が無い点もメリットとなります。そのため、銀行カードローンで車を買うといった方法も選択肢の一つとして検討される場合も多いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.