破格金利カードローンを使っても大丈夫か

キャッシングベスト3

こないだちょっとしたコネがあって、破格金利カードローンを見つけました。個人的に今まで見てきたカードローンの中ではかなり金利が低く、こういうものはめったにお目にかかれないと思います。しかもそ借入の時のハードルも大手のように高くなさそうなのがいいと思いました。

この破格金利カードローンですが、詳しい人はどう思うでしょうか。使ったほうがいいのか使わないほうがいいのか、その点もアドバイスしていただけると助かります。私個人としては使っていいかな、と思っているのですが…

破格金利カードローンはできるだけ使わない方がいい理由

まぁ金利が低いカードローンを見つけると、いいなと思うのはそのとおりですけれども使うのはあまりよしておいたほうがいいかと思います。どうしてこういうマイナスイメージなことを言うかというと、実は破格金利カードローン等の場合、そのままの金利で借り入れできることが少なく、だいたいは借入をした後に脅されたりする可能性が高いからです。

金利が低いというものには必ず何らかの理由というものがあります。銀行系カードローンの場合は審査が厳しく、その分金利が低いという関係になっていますし、消費者金融だとその逆になっています。つまり審査が簡単で金利が低いということはまずありえないと思っていいでしょう。そうなっているということは破格金利カードローンというのはちょっと怪しい、そう思ったほうがいいのです。

最近はそこまで被害が大きいわけではありませんが、破格金利カードローンに引っかかって、実は闇金だったという例もあるそうです。闇金ですから金利は法律を守りませんし、返済をするまでは嫌がらせを続けてくるなど、毎日の生活に支障が出るようになるほどになっています。だからこそ破格金利カードローンは手を出さないに限ります。(こちらも参考になります→低金利のカードローンは本当に安全?

金利が安いものをと探していると、おそらく闇金にたどり着きやすく今の時代はなっているのではないでしょうか。できるだけ闇金などを使わないようにするためには、金利だけではなくその業者の評判も一緒に見て使うかどうかを決めるのがいいと思います。特に破格金利カードローンであれば。

破格金利カードローンはお得です

申し込みやすい破格金利カードローンが金融各社から販売され始めています。破格金利カードローンは昔からありますが、条件がいくつかあるため誰でも申し込めるというものではなく、申し込んでも通常の金利のカードローンに格下げされる場合も多かったようです。しかし、最近の破格金利カードローンは敷居が下がっており、条件緩和で誰でも申し込めるほどになってきています。

カードローンなどの金利は上限は決められていますが、下限は決められていません。金融各社は利益を検討しながら金利を決めるわけですが、利益の他に補償のために金利を上乗せしています。補償というのは、お金を借りた人が返せなくなった時の保険のようなものです。特に、銀行などが用意しているカードローンの場合は補償はカードローンを販売している銀行ではなく、消費者金融が行っている場合も増えています。そのため、カードローンによっては、金利の欄に内訳として補償金利が書かれている場合もあります。

破格金利については、利益と補償両方の金利を下げています。そのため、募集人数が限られていたりしますが、通常の金利よりも1から2パーセントほど低い金利の場合が多いようです。また、破格金利については一般募集しているローンの他にお得意先用の特別なカードローンがあり、その場合は破格金利よりさらに低い場合もあるようです。破格金利カードローンで気をつけたいポイントは、申込時の条件があるかどうか、条件がある場合は自分は適合しているかどうかです。例えば、銀行であれば口座を持っているとか、給与振込みが行われているなどです。

一般的に販売されている破格金利カードローンは見つけたら応募することをオススメします。金利が低いだけで通常のカードローンと変わらない利便性ですし、破格金利に締め切りもないのが通常です。また、借入可能額が高かった場合には、今利用しているカードローンを完済すれば金利分お得になります。

【参考ページ】
どのカードローンも同じ金利に見えて実は違う?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.