どういうことをしてもカードローン利用明細は郵送される?昔から利用明細が届くのは知っているけれども、まだ今の時代になっても郵送されるのだろうか。これじゃあ妻や家族に「借金しています」と公言するようなものじゃないかと思う。

今もどの消費者金融や銀行系カードローン利用明細は郵送される?もしかして郵送されないものもある?よくわからないのだが今の時代、貸金業ではどうなっているのか。

カードローン利用明細は郵送されない方法も最近は使える!

昔は消費者金融を使っていたけれども今は使わなくなったという人にとってみれば、昔よりも今は良くなっているのだろうけれども、それだどういうふうに変わっているかわからないかもしれません。カードローン利用明細は郵送される?という話なんてまさにその典型的な例でしょう。最近の業者はそれらの郵送をするかどうか、選べるのです。

とは言え利用明細、現在の残高などについてはどこかで知れる必要があります。そこで使えるのがATMとネットです。この2つのどちらでも確認できるようになりました。最近はATMを使うと現在の残高や枠などがわかるだけではなく、増額申請の申し込みもできるようになっています。ですからATMを使えば大抵のことは出来ると思っていいでしょう。(こちらも参考になります→ATMでやり取りができるりそなカードローン

またネットについても大手の場合はほとんどネットの専用ページを使えば、そこから色々なことができます。残高などの明細も乗っていますし、増額申請から減額申請、問い合わせに振込や借り入れ返済等、様々なことが出来るようになっています。これが今や紙でやってくる明細の代わりになりつつあるのです。

もちろん未だに利用明細は紙でしか出していない、というようなところもありますが、こういう業者も銀行カードローンでは減りつつあります。紙でも出すし郵送してもいいし、郵送ではなくネットでもいいというように選択できるようになっているのです。郵送されたくないなら、そういう利用明細を選択できる業者を選べばいいでしょう。

昔の記憶がある人にしてみればかなり今は発展していると思うんじゃないでしょうか。

カードローン利用明細は郵送される?というのは本当か

カードローン利用明細は郵送される?という質問が利用者の方から銀行や消費者金融へなされることがあります。なぜこういった質問がなされるかというと、融資を受けたという利用明細が郵送で自宅や下宿先の総合郵便口に届いてしまうと、それが周囲の人の目につくことになり、自分の対面が悪くなってしまうためです。

 そのため最近では銀行や消費者金融はこぞってカードローンの利用明細を郵送するのではなく、メールで発送するものとしたり、手続きを行うことで郵送をやめることができたりするとしています。 このサービスはとにかく主婦や家族持ちの亭主などに便利です。 主婦の方でも融資を受けたいと思う方は多く、その理由としては買いたいものがあったり少し旅行に行ってみた買ったりといった理由で融資を受けようと思う方が多いです。そんな時に融資を受けたことが家庭にばれると身内や配偶者のほうから自分に対する信用を失いますし、周りとの人間関係が悪くなってしまうと非常に家に居づらくなってしまいます。また亭主であっても家庭の生活費を維持したり、急に必要になった出費を一時的にごまかすために融資を受けるということは考えられます。こんな時に家庭に融資を受けた事実がばれれば亭主がせっかく守ろうとしてきたものが壊れてしまうことになりますので、郵送を行うサービスをやめているのです。

 ほかにも融資を受けている事実を周囲にばらさないようにするために業界は努力を続けています。 たとえば貸金業者は融資を行う際には、借主が本当に実在し申し込みの際に話した職業に実際についているのかを確認するために在籍確認という行為を行うことがあります。これは他人を装って仕事場へ電話で連絡し、本人がいるかどうかを確認するというものです。 この時業者は決して自分が業者であるということをばらすことはなく個人名で電話をかけてきます。

仕事場で自分が融資を受けていることがばれると、お金がないことが周囲に知られてしまいますから恥ずかしいというニーズにこたえるためです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.