現在カードローンの明細を送ってもらっているんですけれども、その明細を送ってもらっているのが自宅なのです。自宅に送ってもらうのは構わないのですが、時間帯次第では自分が一番最初に見ることが出来ずに家族に見られてしまう可能性があります。

妻も子供もたとえ借金をしていたとしても特に文句をいうということはないと思いますが、それでも父親としての威厳もありますしできれば見られたくないのです。ですのでできれば郵送先変更をしたいと思っているのですが、カードローン業者は対応してもらえるものなのでしょうか。

カードローン業者によっては郵送先変更が難しい場合も…

郵送先変更についてはカードローン業者に問い合わせてみるのが一番いいかと思いますが、そういう対応をしてくれないところもあります。自宅以外に送ることは出来ないというように言われたら、自分だけセカンドハウスに住んでそこに送ってもらうようにするか、他の業者に借り換えるなどの方法を使うしかないでしょう。

郵送先変更ができるのであればカードローンの明細については自宅ではなく、どこかの郵便局で止めてもらうのがいいと思います。いわゆる局留めというものですが、これに対応してくれる業者は大手でもいます。やはり明細は見たいけれどもその明細を他人に見られたくないという人に対してのサービスです。

しかし局止めも出来ないというのであれば、次に使える方法はウェブから見るとという方法でしょう。ウェブサイトにネットローンが出来るページを用意している業者であれば、ネットローンの出来るページから明細を見ることが出来ます。残高はどのくらいか、今の利率はどのくらいかなど、細かく見ることが出来るでしょう。

そうしてウェブサイトで見ることができれば、家族にばれないようにトイレでこっそりスマートフォンで残高を確認したりすることも出来ます。スマートフォンでわざわざ履歴を見るという人はいないでしょうから、紙の残高証明書などの郵送先変更をするよりも、そもそも郵送しないようにするという方法も使えるでしょう。

【参考ページはこちら】
郵送無しの業者が増えているって本当なの?

カードローンの郵送先変更について

カードローンの申込みをした場合ですが、店頭窓口や自動契約機で申し込みをした場合はその場で、申込みから審査、契約手続きカー発行ができるので問題ないのですが、時間がなかったり仕事で忙しいとなるとなかなか窓口や自動契約機に来店することができません。その場合は、郵送にて手続きをすることができます。電話で申し込みををした場合や、インターネットで申し込みをして手続きを郵送契約にする場合などは、自宅に申込書類を郵送してもらって、記入して返送することで契約手続きをすることができます。

ただし、自宅に申込書類などが郵送されてくると、家族に不審がられて借金をしたことが発覚してもらっては困るという方は郵送先変更することができます。例えば、勤務先へ郵送をしてもらうなどということができます。勤務先に届いた申込書類を記入して、返送して手続きすることができるのですが、書類に記入間違いや入力漏れがあると再度返送されてきて書き直しになるので、送る前に今一度不備がないか確認が必要です。届いた書類をカードローン会社で確認してとくに不備がなければカードが利用可能になります。郵送先の変更ですが、会社に郵送するのは問題ないが知人宅や友人宅に送ってほしいという要望は受け入れてもらえないこともあります。

いくら親しいとはいえ、他人宅に郵送することは個人情報の漏えいにつながる可能性がありますので、対応していない場合もあります。その他に自宅に書類が送られてくるケースは、返済が遅れた場合の督促書面です。これは、郵送先変更ができません。登録されてある自宅住所に通知が送られてきます。ただ、中身を空けてみないとカードローン会社だということは分からないようにはなっています。そのほかにも、提携先ATM利用時の領収書になります。コンビニや銀行のATMを利用すると一応領収書が発行されますが、法的要件を満たした領収書ではないため、後日正式な領収書が郵送されます。領収書については会社も送付先として問題ないです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.