カードローンの郵送なしは来店契約のみ?

キャッシングベスト3

最近はネットからの申し込みがカードローンでは当たり前になりつつありますが、ネットからの申し込みではなく来店契約をした場合というのはカードローンの明細等を郵送なしにしてもらえることは出来るんでしょうか。ネットだとそういうお願いはできませんが、来店契約なら直接担当者に話しをすることができます。

であれば最初は有人店舗に行って来店契約をする方がいいのではないか、と思うのですがどうなのでしょうか。友人店舗に行って来店契約をするのとネットや無人契約機を使うのでは、かなりの違いがあるのでしょうか?

来店契約をしてもしなくても郵送なしは出来るようになった

少し前ならそのように来店しなければならなかったかもしれないが、今は来店契約だろうがネットでも無人契約機を使ったとしても同じで、契約時に郵送無しを選ぶことができます。もちろんその後でも郵送なしにしてもらうということもできますので、あえて有人店舗を探して来店契約をしなくてもいいでしょう。

このような郵送なしにしてもらえるようになったのはネットの力が大きいとされています。(こちらも参考に→郵送なし業者が増えているって本当?)ネットで確認をすることが出来るようになったために、紙で郵送をする必要性がなくなっているのです。今では紙を郵送してほしいというような人よりも、郵送なしでウェブの画面上を通してみて置きたいという人のほうが多いのです。スマートフォンでも対応している、というのが大きいでしょう。

昔は来店契約をして、来店しながら返済をするということを繰り返すと、特に郵送無しで借り入れをすることが出来たと言われています。返済をする時に明細をもらって残高などを確認することが出来たのです。明細を郵送してもらうと色々困る人にとっては来店契約をして、返済も借り入れもお店で行うほうがいいという人もいるのでしょう。

今でもそのような形式をとっている業者は少なからず存在しています。とは言えもうすでに少数派になりつつありますから、消費者金融でも銀行系カードローンでも、契約の時はネットでも無人契約機でもなんでも構わないので行って、あとで郵送なしにしてもらうのが多いのではないでしょうか。

来店契約なし利用明細郵送なしのカードローン

昔のカードローンでは契約を行う際に来店を要求する場合が多かったです。それはその人自身を見て経済的信用の有無を判断するためです。しかし時代の変遷により貸金業がやりにくくなってきてお客さんが減ってきました。

 その大きな変化は2010年の貸金業法の改正により総量規制が定められ、収入の3分の一までしか消費差金融は貸付を行うことができないこととなり、また収入の全くない主婦や学生という無職の方は消費者金融から融資を受けることができないことになったのです。 また利息制限法の改正により法定利息以上の利息を定めても違法な貸し付けとして超過分は無効となってしまうため設けることはできないこととなったのです。

 これらの規制により貸金業を利用するお客さんは減り、業者のほうも仕事がやりにくくなってしまいました。 そのために貸金業者はできるだけ門戸を広げて多くのお客さんを相手にしようとしているのです。特に今までは返済をしっかりとしてくれるお客さんを見極めることが仕事となっていたのが、借りて売れるお客さんを探すのが仕事という面が出てきたため、その申し込みから融資に至るまでの流れは非常に簡単になりました。

 たとえば申し込みはインターネットで行えますし、来店契約を要求するところは今では全くと言っていいほどなくなりました。また融資を受けた事実を家庭や職場にばらさないためのサービスも業者は欠かさないようになってきました。これは家庭に利用明細を郵送なしにメールで明細を説明する場合が多くなりました。

 また業者は借主の職業が安定しているかどうかについて、職場に電話をかけてその在籍を確認することが多くなっているんですが、その際には決して自分が業者であることを相手に告げるのではなく個人名で電話をして個人的な用事が借主にあるように装いながら電話を行うので、決して融資を受けたことが職場にばれることはありません。 このような努力によって業者もお客を確保しているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.