社会人になって数年経ちます。後輩が出来て飲みに行く回数や付き合いも増え、どうしても給料日前は苦しくなってしまいます。後輩に誘われて飲みに行くとどうしても多めに出すことになるので、普段の飲み会より出費が多くなるのは避けられません。新人の頃、気前良く払ってくれていた上司の偉大さを感じます。

そこで今までは現金主義だったのですが、カードローンを利用してみることにしました。今は無理な貸し付けもないし、金利も低いから、収入の範囲内で遣り繰りしやすいという話を聞いたからです。しかし契約の段階で、職場に在籍確認があると聞きました。

在籍確認をされるとカードローンを申し込んだことが周囲に知られてしまいますよね?それだとちょっと後輩に恥ずかしいので、できれば在籍確認がない会社を探しています。あったら教えて下さい。

在籍確認は絶対ですが、会社への電話の回避は可能です!

後輩ができるとどうしても、飲み会では多めに出すのが社会人の定めです。すぐ辞めるなよコノヤロー!って思っちゃいます。同時に新人の頃にご馳走してくれていた上司の有難さや偉大さをしみじみと感じるのも成長している証でしょうか。

現金主義からカードを使うようになるのも成長の証かもしれません。カードでキャッシングをして、返済日に遅れずに返して行くだけで、社会的な信用実績が上がるという一面があるのをご存知ですか?住宅ローンなど大きな買い物をする時、銀行の審査が通りやすくなって便利ですよ。

さて、カードローンを申し込んだことを、職場への在籍確認によって週にに知られたくないわけですね。なるほど、確かに気前よく奢ってあげたとしても、カードローンを申し込んだことを知っていては後輩も遠慮してしまうかもしれません。少しは遠慮しろよ!と思う時もありますが……。しかし後輩には気持ちよく奢ってあげたいのも分かります。

在籍確認は必ずしも、会社に電話がかかってきたり、ましてや郵送物が送られてくるわけでもありません。あくまでも「必ずしも」で、大抵は電話がかかってくることは事実です。しかし、これが嫌だからと言って、在籍確認を全くしないでカードローンの契約をすることはできないんです。

とはいえ、在籍確認の電話を避けることは可能です。申し込みの時に「職場に電話をされたくない」とはっきり伝えてみましょう。あなたと同じように在籍確認を職場にされると困る……という人が多く、カードローン会社側も色々なサービスを提供しているようです。

電話での在籍確認を避けたとしても、在籍確認そのものは必要です。では電話以外ではどうするか?ということですが、社員証のコピーや収入証明書を郵送することになります。電話より少々手間はかかりますが、職場に電話がかかってくるのが嫌!という人には良い方法ですよね。

実際に「在籍確認のない会社」というものはない、という答えになります。しかし代案として、電話以外の在籍確認を依頼してみるのはどうでしょう?どこの会社でも応じてくれる可能性がありますので、契約前に調べてみて下さいね。

カードローンの審査で在籍確認無しの会社は存在するのか

予定外の出費がかさんで生活費が不足してしまったり、急な祝い事や不幸事でどうしてもお金が必要になった際、一昔前までは、親兄弟や親戚、或いは親しい友人からお金を借りるという人が多いものでした。ですが身近な相手であっても、借金を頼むというのはかなり気不味いものがあります。更に人間関係において、お金の貸し借りはトラブルの原因となる事が珍しくないです。そのため、最近では、身近な人ではなく、カードローンを利用して急場を凌ぐという人が増えています。

カードローンの魅力は、何と言っても手軽に借入れ可能だという点です。というのも、最近でインターネットからでも申し込み可能なサービスが多いので、わざわざ店舗に出掛けてそこで申し込みを行う必要もなかったりします。家に居ながら申し込んで審査を待つだけで良いのです。しかも審査もスピーディーであり、申し込んだその日に即日融資が可能な所も珍しくないです。そのため前記した様に、どうしてもお金が必要なケースでも役立てる事が出来ます。

ただしカードローンを申し込んで審査を行う際、ローン会社が勤めている会社に在籍確認の電話をするというのが基本だったりします。そのため会社に借入れがバレて気不味い思いをするのではないかと、心配する人もいるものです。ですが在籍確認の電話を掛ける際、担当者は個人名を名乗るだけなので、ローン会社からの電話だとはバレなかったりします。ただし普段名指しで電話が掛かって来る事がない人は、やはり怪しまれるんじゃないかと不安です。

なのでそういった人は、在籍確認無しのローン会社を探してみるべきです。というのもカードローン会社の中にも、在籍確認無しの会社は存在しており、前もって社員証や数ヶ月分の給与明細書を提出すれば、在籍確認の電話を掛けないという所もあるのです。だからこそまずはネットでそういったカードローン会社を探すか、或いは電話やメールでそういった事が可能か問い合わせた上で、借入れするローン会社を決めるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.