銀行のカードローン審査って意外と緩い?

キャッシングベスト3

銀行でお金を借りるのってハードルがとてつもなく高い…、ずっとそんな思いを抱いていたのですが、実は銀行発行のカードローンって審査が意外に緩いらしい、最近そんな話を耳にします。

銀行は消費者金融に比べ、金利も低いらしいし、もし、本当に審査が緩いというなら、絶対お得ですよね?実際のところ、どうなんでしょう。教えて下さい。

ひと昔前から比べれば銀行のカードローン審査は緩くなっている

そうなんです!銀行、とくに大手都市銀行でお金を借りるって考えたら…、慣れていない人は、ちょっと身構えてしまいますよね。

一般の人にとって、銀行はお金を預けるところであって、お金を借りるところではない、というイメージかもしれません。

しかし、銀行というのは、本来、金融業。お「金」を「融」資(利息を取って貸し出す)することによって利益をあげている会社なんです。

銀行が金融業であることは常々理解していても、「銀行が融資するのは大企業や、中規模の会社なんかであって、個人の小口融資に関してはあまり積極的ではないんじゃない?」と考える方もいるかもしれません。

この個人の融資に特化したサービスこそが、実はカードローンだとも言えます。個人向けの融資形態ですから、メリットも多いですし、多くの人に知ってもらう、利用してもらうためには、一頃前より多少審査が緩くなっているという面も確かにあるかも知れません。

そういったことから考えても、銀行のカードローンって結構オススメなんですよ!

審査が緩い?銀行のカードローンについて

近年ますます好調な銀行カードローンは、低金利で安全性の高い個人向けローンに力を入れるようになりました。従来では大手消費者金融におおきく後れをとっていた審査・融資までのスピードを大幅改善し、最短30分というスピード審査を提供できるまでになったのです。またインターネットを介して金銭のやり取りができるというネットバンクの利点を活かし、リアルタイム入金などのスピードサービスも幅広い客層から支持されるようになりました。

総量規制の対象外である銀行カードローンは収入のない専業主婦やアルバイト、パートの方であっても融資することができるため、収入がない、もしくは低収入の方々にとっては一部の消費者金融よりも審査が緩いといわれています。従来ではなかなか審査に通過でなかった学生の方や年金生活を送られている方であっても融資できる場合があるので、万が一に備えてあらじかじめ融資をしてくれる銀行をチェックされておくのも良いでしょう。

銀行はお金のピンチに直面することの多い専業主婦やアルバイトほど「お金を借りられない」という矛盾を覆し、金銭的ピンチを支えてくれる心強い存在となっているのです。また借入れたお金をスムーズに完済することであなたの社会的信用度が上がり、一度に融資がおこなえる個人融資限度額も同様に上昇します。融資枠の限度は銀行ごとに若干異なりますが、500万円前後がおおまかな相場と言われています。中には1000万円近い融資枠を設けているところもあるので、返済の目処がある方はチェックされておくと良いでしょう。

個人で500万円もの大金を借入れるような事態はほぼ皆無ではありますが、予測不可能な事態に備えておくことは決してムダなことではありません。高い信頼性と安全性を兼ね備えた個人向けカードローンは、いつ、何時であっても数百万円単位のお金をすぐに用意できるという金銭的・精神的な支えとなって、あなたを支え続けてくれることでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.