カードローン緩い審査で通るとあとがこわい

キャッシングベスト3

複数者社からカードローンの借入があります。返済はしていますが、なかなか完済できません。今回あらたに20万ほど借り入れする必要が出てきてしまいました。他社での借入があると、お金を貸してくれる貸金業者は少なく、審査は当然厳しくなります。

いったいどこでだったらお金を貸してもらえるのか…。ものすごく緩い審査で通るカードローンがあれば、そこに申し込みたいと思っているのですが、そういうふうに、簡単にカードローン審査に通ってしまうとやっぱりあとがこわいものでしょうか?教えて下さい。

返済を意識せずに借りるのはトラブルに繋がりかねない!慎重に

相談者さんは複数社からのカードローンの借入があるということですが、どうやら、完済にはまだほど遠い状況のようですね。

借りたお金をきちんと完済してから、あらたにカードローンを申し込むのであれば、それほど審査は厳しくない、と思えるのだけど、完済する前に、どうしてもお金を借りる必要があった、ということなのかしら?

また今度もあらたに20万円が必要だとおっしゃっている相談者さん。あなたにひとつ、疑問があるのだけど、そのお金っていったいなにに使うのかしら?もしかして、他社から借りたお金で今までの借金の返済をしている、なんてことはない?

そのように、借りたお金を他の借金の返済に充てるようなことをつづけていれば、ますます完済への道が遠のいてしまうわよ!そうした行為がその場しのぎにしか過ぎないことをきちんと理解しておきましょう。

「とにかく、お金が借りられる!」ということにすべての重点をおいてしまうと、その先に待っているのは、ただの借金地獄です。お金を借りる際には、あらかじめ、返済のための計画を立てておくべきだわね。

審査が緩く、すぐお金を貸してくれるようなところというのは、あなたもおぼろげには分かっているようだけど、概して金利が高かったり、取り立てが厳しかったりするものよ。金利が高いと、どんなに一生懸命返済しても、金利ばかりを返す羽目になり、元金は少しも減らない、というような事にもなりかねません。

今、あなたにオススメしたいのは、「おまとめローン」。複数社での借入を一本化して、金利を減らすという方法なの。返済がグッと楽になるはずよ。

おまとめローンなら、多重債務者でも、お金が借りやすいというメリットもあるのよ!ぜひ調べてみて。

カードローンが緩い審査の理由は法律にある

カードローンはどこの会社を利用したとしても非常に緩い審査しか存在しません。一般的な正社員だけではなく、アルバイトやパートしかやっていない学生やフリーターであってもお金を借りることが出来るようになっているのです。カードローンは元々他の融資のサービスと異なって借りやすい仕様になっているのですが、実はこれには法律的な理由もきちんと存在しているのです。
(⇒手続きが面倒じゃないカードローンはこちら

そもそも、カードローンのような少額融資が可能なサービスと言うのは一般的な融資に関する法律は別の法律が適用されるようになっています。なぜそのようなことになっているのかと言うと、少額融資の利用者のほとんどが一般の個人だからです。一般の個人が融資の契約の当事者になることが大多数ですので、その個人を守るための法律をあらかじめ作っておかなくてはいけません。

例えば、少額融資に対するその代表的な法律的な規制として総量規制と言うものが存在します。総量規制というのは、簡単に言うと融資の契約に関して上限額を設定する規制のことを言うのです。金融機関はお金を貸すことが出来ますが、むやみにお金を貸し続けるとそのお金を返済する個人の消費者が多重債務に陥ってしまうこともありえます。こうした事態を避けるために作られた法律的な規制なのです。

具体的にこの規制では、お金を借りる消費者の年収を基準に融資の上限を設定します。年収の三分の一以上の融資をすることは出来ないとしたわけです。この規制を勝手に破ることは出来ませんので、仮に金融機関がこの規制を破って融資を行ってしまうと行政処分の対象となってしまいます。つまり、お金を借りる消費者にとっては極めて安全な規制だと言えるのです。

lこのように、カードローンの審査が全般的に緩くなっているのは、たとえ緩くしても最初から法律によって融資の契約に関して安全性が担保されているからに他なりません。大きな金銭トラブルが発生しませんので、融資の当事者が安心してお金のやり取りをすることが出来るのです。(こちらも参考にどうぞ→どうせ借りるなら審査のゆるいカードローンがいい!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.