銀行カードローン仮審査通過後の本審落ち?

キャッシングベスト3

銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちることはありますか?あるとすれば、なぜそんなことが起きるのでしょうか?

仮審査通過しても本審に落ちることは珍しいことではありません

銀行カードローンの仮審査通過しても本審査に落ちることは珍しいことではありません。まず銀行カードローンの仮審査は仮とついているだけにご本人様が、適当に数字など打ち込んでしまうケースが後を絶たないことが理由に挙げられます。仮審査と本審査のときに申請するものは整合性がとれていなければなりません。それを仮だからと、適当にこのぐらいだな、とあやふやな数字を入れて仮審査を通過するとします。

仮審査を通過すると本審にすすみます。詳しく細かく情報を提供することになるでしょう。
そのとき、仮審査と本審とに整合性がとれないと、まず信用を失う原因になります。仮審査はインターネットなどで簡単な情報で機械がはじきだすものなので、通りやすいというのもあります。本審査になると人の目があなたを判断します。そのときに仮審査と内容が違っていると不利になりますし、細かな情報も提供されるため、その情報を基にあれ、これはどういうことなのだろう?と、思わぬ情報で足止めをくらったりしてしまうことがあります。

機械がはじきだす仮審査と人の目の本審査、2重の審査でより深くあなたが信頼できる人かどうかを判断することができます。だから仮審査通過しても本審査落ちはめずらしくないことなのです。仮審査がいくら仮だといっても真剣に取り組みましょう。本審査では他社カードの利用履歴なども参考になりますので、注意してください。

【参考ページ】
カードローン審査に落ちても他で借り入れできる?

銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちることはあるのか

カードローンは現在行われている借り入れ方法の中でも特に利便性が高く、多くの方に利用されています。消費者金融が提供しているサービスは審査が早いことで急いでいるときはとても便利ですし、銀行カードローンはさらに信頼性が高く、総量規制の対象外となっていますので、より融資額も大きくなる、低金利などさらに使いやすいサービスとなっています。

銀行カードローンを利用するにはまずは申し込み手続きが必要です。銀行のカードローンは担保や融資も必要なく、その人の信用で利用できることが多くなっていますが、それゆえにその人に返済能力があるかどうかはきちんと審査されることとなります。

申し込み方法としては、来店、自動契約機、電話、インターネットなどがあり、それぞれの都合の良い方法で申し込み手続きが行われます。そして、申し込み手続き後は仮審査が行われ、その結果が電話やメールで知らせてもらえることとなり、仮審査がクリアすると本手続きに入ります。

銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちることはあるのか、ということとなりますが、仮審査でクリアできればほとんどの場合は本審査もクリアできると考えられます。
とはいえ、中には融資を受けることができない場合もあります。まず、申し込み内容が本審査のときと、仮審査のときに食い違いがあると融資が見送られる場合があります。年収や勤続年数に偽りがあると融資を受けることができませんので、正しく記入するようにしましょう。

そのほかでは、仮審査後の他社のカードローンで借りていたり、勤めている会社に不安な情報が流されたときなども審査に影響がある場合もあります。そして、仮審査後は在籍確認が行われますが、そのときに確認が取れないと審査をクリアすることができませんので、在籍確認もきちんと行うようにしておきたいものです。
短期間に数多くの業者に申し込みをした場合も審査に影響が出ることがありますので、一度に多くの業者への申し込みをしないよう気をつけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.