カードローンの本審査で落ちたら他社では?

キャッシングベスト3

カードローンの仮審査は通過したのに本審査で落ちた場合、他社申し込み時の注意事項は?

虚偽の申告、沢山の会社への申し込みは避けましょう

仮審査はシミュレーションと近いイメージでただ機械的に数字をはじかれて、あなたは通過をしました。本審査では人間の目が、あなたを審査します。仮審査の時に仮審査だから適当に申告してればいい、と思ったら大間違いです。本審査で書類など照らし合わせて正確な数字を入れたとき、仮審査とは違う数字がはじきだされてしまいます。そうするとあなたは虚偽の申告をしたと誤解を受ける羽目になります。仮審査でも正確な情報を申告するようにしましょう。ウソは必ずバレると考えておいてください。

正確な情報を仮審査でも本審査でも申告しているのに、仮審査は通過、本審査は落ちたなら他社で申し込む前に借入の額の調整、あなたの家族の収入状況、あなたがいま借入てるローンの残りの返済がないかなどの再確認など行いましょう。もしもブラックと判断されているような返済の遅滞などがあれば可能性は限りなく薄いです。そういうことはないのであれば、これで他社へ申込みしましょう。
(⇒カードローン審査に落ちたら他社には申込まない方がいい?

他社への審査申し込み時、むやみに沢山申し込むのはマイナスなイメージを与えるのでやめましょう。同時に申し込むのは2社くらいまでに抑えた方が良いそうですよ。気を付けましょう。返せる範囲内の借入をするようにしましょう。消費者金融系と銀行系のカードローンでは借入れられる額に違いがあります。消費者金融系は総量規制などの規制があり、年収の1/3までに限られています。銀行には銀行法があり、銀行の方が多く借りられることもあります。

仮審査と違う、カードローンの本審査で落ちた理由

カードローンで仮審査に通ったからといって、余裕を見せていてはいけません。あくまでも仮審査であり、本審査を通った訳ではなく、本審査では、しっかりとすみずみまでチェックを行ないます。ここで安心してしまい、借りられるものだと思い込んでしまって、何もせずに待っていて、本審査で落ちたという事もありえますので、しっかりと準備をしておく事も大事です。

仮審査はあくまでもスピーディーな対応をするために大雑把にしか見ていません。年齢や収入もちゃんと見てますが、機械的に数字しか見ていなくて、どういった所でどういう風に働いているかまでの条件を見ていないので、数字上だけクリアしている事になります。しかし、細かい信用できる情報を元にする本審査とは別のものになるのです。
(⇒カードローンの利用年齢制限はここからチェック!

気になる本審査ですが、数字だけではなく、どんな人間であるかという点もしっかりとチェックを行ないます。また審査基準も細かく、過去のデータも参考にしますし、それぞれの金融機関によってカードローンの条件も変わってきますので、ここは通るのに、ここの本審査で落ちたという事もあって、ここのカードローンは通ったのにと、別の場所で通るとは限らないのです。

本審査で行なわれる事は、ちゃんと本人が働いているのかどうかを確認する在籍確認、申請内容の虚偽があるかの調査、過去の借入状況や返済状況を確認し、借り入れ可能な人物かどうかを判断します。(こちらも参考になります→会社への在籍確認の連絡はいつ来るの?)申請内容で嘘を付いていた人は、当然信用できないので、本審査で落ちる訳ですけど、過去の借入状況が多い人は、借り入れができたとしても借り入れの金額の上限が少なくなる可能性も高いでしょう。

このように本審査では、仮審査と違い、しっかりと審査しますので、嘘を付いたり、適当に回答するのはよろしくありません。カードローンの本審査で落ちた人は、それなりの理由がある人でありますから、借り入れの条件を見直してみて、条件の緩い所等に再度申込むようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.