カードローンでお金が借りたいのですが、カードローン審査落ちばかりでなかなか通らないのですがなぜ?

他社ローンの利用履歴に落ち度はないかなど確認してみてください

審査落ちばかり、というからには多数のカードローンですでに借入があったりはしませんか?どのカードローンの発行元も審査に通らない理由を表ざたにしたりはしません。本人も知らせられることはありません。機密情報です。あちこちからお金を借りている人には多重債務者が多い傾向にあるのでカードローン会社も信用しては、くれません。もしくは、他社のカードローンからすでにお金を借りていて、繰り返し返済の遅滞や長期間の遅滞がある場合には審査はまず落ちるでしょう。(こちらもご参考に→全てのカードローン審査に落ちてしまった時は

ブラックだと判断されてしまっている可能性があります。一度ブラックと判断されてしまうとまず大手の会社から借入はできません。法律的には期間が設けられていますがあくまで目安であり、ブラックだったという情報は消えることがありません。それからあなたに定期的に収入があるのかどうかは最低限の条件ですがどうですか?それから、いくらお金を借りたいと申し込んでいるのでしょう?

あなたの定期的な収入で返せる範囲なのかどうかのシミュレーションをしておくと良いのですよ。インターネットの検索のところで「カードローン シミュレーション」と入力して検索をクリックすると、シミュレーションできるホームページが沢山出てきますよ。返せる見込みのないひとにカード会社はお金を貸しません。どうでしょうか?他に考えられるのはあなたの年齢ですが、おいくつなのでしょう?20歳未満であったりあまりにご高齢であったりすれば、お金を借りるのは難しいです。20歳未満はお金の価値観がまだ身に付いていないので難しいと判断されがちですが高校生を除く18歳以上であれば親の同意があれば、お金を借りられるところもあります。
(⇒未成年はカードローンを利用できる?

カードローン審査落ちはかりはこうする

カードローンを組むことは、カードとお金を引き出すためのATMがあればいつでもどこでも引き出すことができますので、急な出費が必要になった時にはいつでも融資を受けることができますので非常に便利です。そのためお金に困ったことがあったら一度は相談してみるべきです。

 カードローン業者の審査は昔は厳しいものでしたが、さいきんでは法律の改正などで業者の生き残りが難しくなってきているため業者は返済能力を重視する方針から、借りてくれる人を重視する傾向になっています。その結果審査は緩くなっていますし、またお客さんに対するサービスも充実してきています。
 しかし審査は借主の返済能力や経済的信用について調べるためのものですし、金融会社はしっかりとした返済を受けることによって利益を得ていますので、あまりにも返済能力について問題があったりほかの金融会社からの融資の返済の過程で延滞や滞納という事実があったりすると、審査に落ちてしまいます。ここではそうならないためにカードローン審査落ちはかりとなるよう審査基準について説明します。

 カードローン業者の審査基準は安定した収入があるかをまず調べます。 そのためもっとも基本的な情報は年収です。年収が多ければその分返済に回すことのできる部分も多いですので、安定した返済が期待できるためです。この年収について判断するために雇用先が公務員か大企業かまたは中小企業家などの情報が必要となります。さらに労働関係が正社員か契約社員かなどもその地位の安定から継続的な返済が期待できますので考慮されます。

 ほかに考慮されることは、他社借入の程度です。いくら年収が高くてもほかの業者からの融資をいくつも受けている方はお金にだらしのない方だと思われて、融資を断られることになります。 審査の基準はおおむね以上の要素を考慮しますので、自分がいまどのような状況にあり審査落ちしうるかどうかを判断してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.