カードローン審査に落ちるのはどんなひと?

キャッシングベスト3

カードローンの審査に落ちるとか、よく耳にしますがどんなひとが審査に落ちるのですか?

審査内容は開示されないが、こんなひとは審査に落ちることがある

ご存知ないかもしれませんが、カードローンの審査で落ちるひとの原因、何がひっかかってしまったのかは知らされません。ですから、何が原因と断定することは難しいです。しかし、こんなひとは審査に落ちることがあります。年齢が条件を満たしていないひと。高校を卒業していない18歳はカードローンを使えませんし、ほとんどのカード会社が20歳からカードローンを利用できるようになっています。ご高齢過ぎてもひっかかってしまうことがあります。(こちらも参考にどうぞ→カードローンの一般的な利用年齢制限

過去にカードローンを利用していて、返済が滞っているひと。これは、信用問題です。ブラックだと判断されているケースもあります。そうすると大手ではカードローンの審査通過は無理でしょう。債務整理などをされているケースでも法律上、ブラックと判断されなくなる期間の目安はありますがあくまで目安であり、ブラックというレッテルを貼られるとずっとそう判断されてしまうことも考えられます。

定期的な収入がないひとも審査は厳しいといえます。パートやアルバイトであっても定期的な収入が認められれば通過する場合もあります。家族がいないひとも、もしかしたら、あなたが正社員でない場合、難しいかもしれません。しつこいようですが審査基準は明らかにされません。しかし、カード会社それぞれの基準があります。あなたがきちんと返済をしてくれるひとかどうなのかを審査しているのです。

カードローンの審査で落ちることはほとんどない

カードローンの審査で落ちるようなことはほとんどありません。これにはいくつかの理由があるのですが、そもそもカードローンの審査は大型の融資と異なって厳しい基準を採用していないという理由があります。極端な例で言えば、アルバイトしかやっていない学生や毎日フルタイムで働きに行けないような主婦であってもお金を借りることが出来るようになっているのがカードローンなのです。ほとんどの場合で審査に通ります。

では、具体的にどのようなときに融資の条件として適した人材だと認められるのでしょうか。まず一つ大切なのが、定期的な収入の有無です。定期的な収入が存在すれば、たとえそれが少ない収入であってもお金を借りることが出来るようになります。何故かと言うと、少額融資の上限と言うのはお金を借りる消費者の収入によって決まることになるからです。ですので、そもそも収入がないと上限を決めることが出来ません。

また、もう一つ大切なのがお金を借りる人の信用性です。これは客観的な基準として債務の有無が挙げられます。債務と言うのは、簡単に言うと借金のことを言います。カードローンのような少額融資のサービスでは、法律的にも複数の会社からお金を借りることが認められていますので、あまり多くのお金を借りると審査に通りにくくなってしまうと言うデメリットも確かにあります。
(⇒カードローンの審査に落ちる基準とは?

しかし、信用性の確認に関しては他の会社から借金をしていないのならば絶対に落ちることはありませんので、初めて少額融資のサービスを受ける人間にとってはこれほど簡単な融資の条件はないと言えます。信用性の確認は金融機関が自主的に行うものですので、所得の確認とこの条件さえ通ればほぼ確実に融資をしてもらえると考えて間違いありません。

このように、カードローンの審査と言うのは会社に関わらずある一定の基準に基づいて実施されていますので、そのための対策も立てやすいのです。それを理解していれば必ずお金を貸してもらうことが出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.