カードローン審査落ちるのに年齢関係ある?

キャッシングベスト3

18歳です。急にお金が必要になってしまいました。親にはお金を貸してと言いづらいのでカードローンを利用したいのですがカードローンの審査落ちるのに年齢は関係ありますか?

年齢は関係あります。定期的な収入がある20歳以上が一般的です

学生ローンというローンがありますが親の同意が必要で20歳以上の場合の利用可能です。一般的なカードローンであれば、殆どのカード会社が定期的な収入がある20歳以上の方を対象としています。18歳ではカードローンを利用できるカード会社は限られています。是非、カードローンでの借入は20歳になってからにしてみてください。定期的な収入がある20歳からであればバラエティに富んだ商品の中からあなたに最適なカードローンを選択することができるでしょう。

なぜ20歳からのところが殆どなのかはお金の価値観などの問題であるといわれています。18歳ではまだ、お金の大切さの現実味がないだろう、ということです。アルバイトやパートなどご自身で働きだした経験値がある20歳以上のあなたであれば、お金の大切さを理解し、返済も計画的に考えることができるでしょう。カードローンはむやみにお金を借りてしまって返済が滞るなどのことが繰り返し行われたり、長期間返済が滞ってしまったりするとブラックだと判断されます。

ブラックだと判断されるとカードローンを利用するのは非常に難しくなります。そういうことのないようにしてください。お金の価値観を十分に理解し、定期的な収入があると返済も計画的にできるのではないでしょうか?ぜひ、どんなカードローンが自分に合っているのか、比較・検討してみてください。

カードローンの審査落ちの理由は二つしかない

基本的に、カードローンの審査落ちの理由は二つしかありません。それは、きちんと所得を得ている証明を出来ていないか、他の金融機関からお金を借りすぎているかのどちらかだと言えます。何故かと言うと、カードローンの審査基準はこの二つで成り立っているからです。審査落ちには必ず理由がありますので、そのための対策をとらなくてはいけません。

特に、カードローンのような少額融資のサービスを初めて利用するときには他の会社から借金をしていることなどは考えなくても良いわけですから、所得に関しての対策を進めなくてはいけません。少額融資のサービスで必要になる所得と言うのはアルバイトやパート程度の収入であっても全く構いませんので、単純な所得の基準を満たすならばそれほど難しいことは絶対にないのです。

審査の時に大切になるのは、きちんと所得の証明をすることができるかどうかにあります。何故かと言うと、少額融資のサービスでは所得の証明の際に必要書類を金融機関に対して提出する必要が存在しないからです。カードローンを提供している会社の所得の審査は、全て口頭で行われますのでその審査に落ちてしまうときは所得の確認がきちんとできなかったということになります。

こうした少額融資特有の所得の確認方法のことを在籍確認と言いますが、在籍確認では融資の申請をした人の職場に電話をして確認をすることになりますので、きちんと営業時間内に電話をしてもらうように考えなくてはいけません。この確認では働いている会社に在籍の確認を取るという作業をすることそのものが所得の証明になりますので、会社が休みの日では意味がないのです。(こちらも参考にどうぞ→カードローンの在籍確認をされない方法

このように、少額融資のサービスの審査ははっきりとしていて、それに関して対策をとっていれば絶対に審査で落とされることなどはありません。カードローンの申請は一度落ちたからと言って次に申請をしてはいけないものでもありませんので、基準をしっかり理解してお金を借りるようにしなくてはいけないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.