旦那カードローン審査落ちたら嫁名義審査?

キャッシングベスト3

主婦です。旦那がカードローン審査で落ちたら嫁名義のカードローンの審査はできますか?

嫁名義のカードローンは嫁の定期的な収入が大きなカギになる

できますが嫁名義で審査した場合、お嫁さんであるあなたのカードローンの審査ということになりますよ。ご夫婦でいると配偶者の定期的な収入は大きな後ろ盾となります。旦那さまがなぜカードローン審査で落ちたか、ということが1点気にかかりますがお嫁さんであるあなたが正社員であれば、あなたの収入を見込んでの審査をし直して旦那さまのカードは作れる可能性があります。正社員ではないがアルバイトやパートをやっていて定期的な収入がある場合はあなたの名義のカードローンの審査を受けて通るところもあるでしょう。

旦那さまがちゃんと定期的な収入があり、利用履歴などに遅滞なく、思い当たる節がないのなら額にもよりますが落とされることは考えづらいところです。ご夫婦でよく話し合って、まずは旦那さまのカードローン審査で落ちた原因を見つけ出す必要があるのではないでしょうか。旦那さまが無職だった場合も、妻であるあなたの収入が審査の判断材料になります。まずは、何故、旦那さまがカードローン審査で落ちたかのかを原因究明すれば、家族全体の問題の解決にもつながります。

なるほど、と頷けるような内容のマイナスな要因が存在した場合、例えば、旦那さまがカードローンでブラックと判断されるような利用履歴をもっていた場合、嫁名義であなたのカードローンを作る方が良いですね。嫁名義で審査自体はできますよ。通過するかどうかは、また別問題です。同じところで審査するのは不利な金融機関もあるでしょう。他社での嫁名義での審査申込みされるのが無難です。

【参考ページはこちら】
専業主婦も借りられる三菱東京UFJ銀行カードローン

旦那がカードローンに落ちたため嫁名義で審査

カードローンの審査は基本的には個人の返済能力や経済的信用を図るものなので、そのほかの人の収入の有無や借り入れの事実を考慮することはありません。しかし配偶者は別です。

 配偶者は法律上の相互扶助義務や同居義務を負い、また法律上配偶者が日常的に消費したことによって生じた債務は他方の配偶者も負うことになりますので、妻が金融業者から融資を受けた場合でも夫の財産に対して返済が求められることになります。 そのためたとえば旦那がカードローンの審査に落ちたために、嫁名義で融資を受けようとする場合にはその旦那さんの年収や雇用先、他社借入の事実が参照されることになります。その際には旦那さんがカードローンの審査に落ちたということもわかりますので、たとえ嫁名義で審査を受けたとしても通る可能性は低いことになります。

 しかしカードローンによってはこうなるとは限らないものもあります。というのは専業主婦専用のカードローンというものを開設している銀行があり、こういった銀行では配偶者の方の同意や配偶者の方の収入証明書を提出しない形で配偶者に主婦の方が融資を受けた事実について、露見しないように配慮していることが多いです。 こういった融資の場合は50万円や80万円までという額を利用限度額としているので、その融資の範囲は非常に低額です。そのため融資を行う際でも主人のほうが融資を断られたという事実は参照されないことが多いです。

 そのため専業主婦専用などの低額の融資であれば、旦那がチェックに落ちたとしても嫁名義で融資を受けることは可能ということになります。 またキャッシングは最近では非常にチェックが簡単になっていますので、その審査に落ちたとなるとその返済能力や経済的信用は、非常に悪いということになります。しかしそれでも銀行のチェックなどは難しくても消費者金融の融資であれば受けられることは多いですので、消費者金融に相談に行けば借りられるかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.