消費者金融の審査落ち銀行カードローンは?

キャッシングベスト3

消費者金融の審査落ち銀行カードローンを利用したいけど大丈夫?同じように審査に落ちるのではないかと心配です。

大丈夫!とは、言い切れませんが大丈夫なところもあるでしょう

大手消費者金融と大手銀行カードローンの審査の難易度を比べると、大手銀行カードローンの方の審査基準が少し緩やかになっています。大手消費者金融に例えば審査で落ちたとしても、銀行カードローンの審査に通過した、という口コミは少なくありません。あと、もう一つ重要なことは、カードローンを縛る法律が消費者金融と銀行では異なりますので審査の基準は異なります。

消費者金融は総量規制で借りるひとの年収の1/3を超える貸金を規制しています。銀行のほうは総量規制にあてはまりません。銀行法という法律があり、年収の1/3を超える貸金ができるのです。ですので、消費者金融の審査落ちの理由が多額の借入であった場合は銀行カードローンの方では大丈夫なケースもあります。最短距離を選ぶのであればあなたが大手銀行に口座を持っている場合もう本人確認はできているので、そこの銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

しかし、大手銀行の口座はもっていない、という方は大手銀行に口座をおつくりになることをお勧めします。銀行の口座を作るのに審査はありませんね?本人確認だけです。そこから、その銀行がもっている銀行カードローンの審査に入れば、スムーズです。銀行カードローンと言えば、主婦やアルバイトの方も利用者に多いのが特徴です。是非、試してみてください。

【参考ページはこちら】
借りやすいカードローンを選ぶならどこがいい?

審査落ち銀行カードローンの方は消費者金融で

審査落ち銀行カードローンというのは銀行カードローンで審査落ちした場合のことを言いますが、銀行のカードローンというのは一般的に審査が厳しいといわれています。その理由は銀行系カードローンというのは一般的に消費者金融よりも金利が低くまた大きな企業ですので、その取り立てが厳しくないためです。また銀行によっては門戸も広くなっているので幅広い方が融資を受ける機会があるのです。

 それに対して消費者金融では非常に借りやすくなっています。これは消費者金融は小規模であるためにそのフットワークが軽く常に借主が返済するかどうかを見張っておけるために返済を求めることも容易なので、とにかく借りさせることを目標にしているのです。 しかしこのような審査に違いがあったのは、融資を受ける方が多くおり貸せば明かすだけ儲かった時代の話です。今では金融業者はそれほど儲けが得られる仕事ではなくなってきています。

 その理由は昨今の法律改正によります。2010年には貸金業法の改正により総量規制が盛り込まれ、収入の3分の一までしか消費者金融は貸してはならないこととなったために融資額に制限が設けられることになりましたし、収入が全くない主婦や学生の方に貸すことはできなくなりました。また利息制限法の改正により20パーセント以上の利息は無条件で無効となることになるため、貸金業者の儲けは非常に乏しくなり、また利用者も減ることになったのです。 総量規制については銀行には及びませんがこのあおりを受けて銀行も審査を緩くしているといわれます。その理由は銀行は基本的にクレジットカードや住宅ローンなどの担保を持っている方に融資を行うことが多くそれについてのノウハウを持っているのですが、カードローンの場合のように無担保の方に融資を行うことに慣れてはいません。そのため消費者金融の審査基準をそのまま使ってたり、審査業務自体を消費者金融に委託しているところもあるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.