一般的に消費者金融やサラ金の中でも最も審査が厳しいと言われているのが銀行カードローンだと思うんですけれども、その中でも審査の甘い銀行カードローンはどれになるんでしょうか。すべて同じ審査の厳しさ、というわけではないと思いますし、銀行によっても審査が違うのではないかとにらんでいます。

多くある銀行カードローンの中でも審査の甘い銀行カードローンはどれでしょうか。なにか見分けられるような、そんな特徴などがあれば知りたいのです。

審査の甘い銀行カードローンは地方の信用金庫が使いやすい

都心部に住んでいる人はあまり関係がないかもしれないが、信用金庫が近くにある人からするとかなり使いやすいと思います。この信用金庫がおそらく審査の甘い銀行カードローンとして言えるでしょう。いくつかの銀行系カードローンを比較してみても、信用金庫は通りやすい審査をしていると言えます。

まずひとつの特徴として銀行系カードローンというのは借り入れの審査をほとんど保証会社に任せています。保証会社は銀行系カードローンが違っても、同じものを使っているところがあります。こういう同じ保証会社の場合はまず一つに審査が通ればもう一方も通ると思っていいでしょう。逆に言えば一つに落ちると他も落ちるということになります。

この銀行系カードローンが保証会社が審査をしているということを押さえておくと、保証会社が信用金庫というのはほぼすべて同じ所を使っているのです。そしてこの保証会社の審査というのはそこまで厳しくなく、利用の仕方次第ではいくらでもハードルを下げることが出来るのです。ここが信用金庫のメリットです。

例えばまず口座を持っていること、そして口座だけではなく給料の振込に使っていることでハードルは下がるでしょう。それ意外にも水道光熱費などの引き落とし口座にしている、住宅ローンを組んでいるなどがあれば、さらに信用金庫のカードローンでは借り入れをしやすくなるでしょう。このように信用金庫のサービスを使うと審査が甘くなる特徴があるのです。

大手のメガバンク系カードローンを見ると、どうしても厳しいように思えるでしょうが、信用金庫でいいならば審査の甘い銀行カードローンも存在するといえるのです。

審査の甘い銀行カードローンは誰でも合格できる!

審査の甘い銀行カードローンなら誰でも合格することが出来ます。この審査の甘い銀行カードローンで合格するためには2つの重要なポイントを知っておくことが大切です。そして、審査の甘い銀行カードローンは審査においてそれほど年収は重要ではないので、これも知っておきたい知識です。

1つ目のポイントとしては信用情報がホワイトであることが大切です。信用情報がブラックになっていると不合格になりやすいので、もし信用情報に問題があるならば一定期間カードローンの申し込みを諦めて、信用が回復してから再度カードローンの申し込みをするように心がけたいところです。

2つ目のポイントは審査の甘い銀行カードローンの申し込みをするときに借金を持たないことです。例えば、カードローン申込時に他社のカードローンで借入している状況ですと、その借入金額が審査に影響してきます。他社で借入していなければ、審査において全く問題がないので簡単に合格することが出来ます。

この2つのポイントをしっかりと抑えておけば簡単に審査で合格することが出来ます。審査の甘い銀行カードローンの特徴はカードローン申込時に身分証明を提出するだけで申し込めることにあり、これが理由で審査に合格しやすくなります。収入証明不要なので申込者の年収は不問となるので、上記の2つのポイントさえクリアすることができれば誰でも簡単に合格することが出来ます。

正社員の人はもちろんですが、派遣社員や契約社員、アルバイトやパートの人でも簡単に合格可能です。また、専業主婦については収入証明不要で申し込める銀行においても、専業主婦が申込者の対象となっているかどうかは様々なので、専業主婦でも申し込める銀行を選ぶ必要があります。無職の人についてはフリーターと同じ扱いであり、アルバイトやパートでも申込可能となっている銀行であれば、問題なくカードローンの申し込みをすることが出来ますし、審査も簡単に通れます。
(⇒融資が甘いカードローンが使いやすい理由とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.