私の友人たちが昔カードローンの話をしていたんですけれども、その中で「融資が甘いカードローンが一番だ!」というように言っていました。融資が甘いカードローンが一番使いやすいということだと思うんですが、本当なのでしょうか。

融資が甘いカードローンがなぜ使いやすいと彼らは言っていたんでしょうか。今後使う可能性もあるので、どういう業者を選ぶかも考えないといけませんから、本当のところを教えて欲しいのです。

融資が甘いカードローンはいざというときに頼りになるからだ

おそらくその友人の方々が話しをされていたとおり、融資が甘いカードローンというのは確かに使いやすいと思いますが、その理由というのはいざというときに力を発揮するからではないかと思います。どういうふう使うかにも大きく左右はされますが、いざというときに使うことが出来るという点で、融資が甘いカードローンは期待されています。

例えば大手のカードローンであれば審査が厳しく簡単に借り入れをすることが出来ないとされています。簡単に借り入れができないとなると、いざというときに申し込みをしても断られたりすることになります。こうなると、なかなか借入を使いづらくなります。一方の融資が甘いカードローンであれば、簡単に借り入れをすることが出来る可能性が高いので、いざというときに助かるというわけです。

もちろんいざという時ではなく、ちょっとした時にお金を使いたいのであれば、それは銀行系カードローンで大手のもののほうが金利も低いし借入枠も多いしでいいことづくめといえるでしょう。ですから普通に使うのであれば問題ないのですが、いざというときに急いで使いたいという場合には力を発揮しない、というわけです。そういう時こそ融資が甘いカードローンのほうがいいでしょう。

つまり友人の方々はいざというときに消費者金融や銀行系カードローンを使う、という方法をとっているのではないでしょうか。だとしたら融資が甘いカードローンを使うというのは理にかなっていますし、一番使いやすいのもその通りだと思いますよ。

融資が甘いカードローンはどこでしょう

融資が甘いカードローンかどうかを審査するときは、その借主の返済能力や経済的信用が傷ついていないかどうかを判断します。返済の能力の有無は普段からその人がいくらぐらいのお金を稼ぐのかで判断がなされますし、経済的信用の有無はその人がほかの銀行や消費者金融からお金を借りていないかを参考にして判断します。

 そのためほかの業者からもお金を借りていてしかもそれをまだ返済していないという情報を業者がゲットした場合は審査に落ちることが多いですし、定職についていなかったり虚偽の職業の情報を渡したりした場合には当然信用されませんので審査に落ちることになります。

 また審査を行う会社がどこかでも審査の難しさは左右されます。カードローンの審査を行う業者は必ずしもそのカードローン業者というわけではなく、クレジットカードサービスを主に行っているところでも借主の審査は行いますので、これと一緒に審査を行うというように担当を割り振っている場合があるからです。

 しかしクレジットカードサービスを行う場合に行う新里は通常担保を持っている方に対してどの程度利用限度額を定めるかという観点なのに対して、カードローンの場合には担保を持っていない方が利用を行うのが普通ですから、その審査の基準にはおのずから差を設けなければいけないはずなのに、これを一緒に考えて審査を行っている場合があります。こういう業者の場合にはカードローンの審査は、担保を持っていないために返済能力がないと判断される可能性が非常に高く、審査が厳しいものとなります。実際の業者でいえばイオン銀行はイオンクレジットサービスという会社に審査を任せていますし、楽天銀行もカードローンを組む場合には楽天クレジットサービスと保証契約を結ぶこととしています。そして審査はこのクレジット会社が行うこととなっているために、これらの銀行を利用しても融資を受ける審査はやはり厳しいものとなっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.