非常の事態で困っています。急にまとまったお金が必要になったのですが、年金暮らしで貯金もなくどうにもできません。友人から年金を担保にお金を借りることができると聞いたのですが、闇金などではないのでしょうか?

正当な金融機関で借り入れができるならば借りたいのですが、知っている方がおられたら教えて頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

闇金ではなく年金生活者が借りられるカードローン

闇金ではなくちゃんとしたところで年金を担保に借り入れができますよ。

独立行政法人福祉医療機構という公的機関では、唯一国からの許可の下で年金を担保に融資を行っています。年金担保貸付制度というこの制度は、国民年金、厚生年金、労災年金の受給者を対象に10万円から250万円の範囲内で融資を行っています。

借り入れの金額は受給している年金に応じて返済に負担がない範囲で決まります。金利は1.6%、労災年金受給者は0.9%と非常に低金利です。原則連帯保証人が必要ですが、保証人が付けられない方は有料信用保証制度を利用することも可能です。

返済額は下限を1万円として自分で設定することができます。返済方法は、偶数月ごとに日本年金機構から福祉医療機構に受け取り予定の年金が直接全額支払われ、設定した返済額を差し引いた残りの年金が福祉医療機構より年金の受取口座に振り込まれるというシステムです。

申し込みは銀行か信用金庫が代理窓口となって受け付けをやっています。生活保護を受けておられる方は利用できませんが、金利も低いので銀行や消費者金融のカードローンよりも安心して利用できると思いますよ。

【参考ページ】
知らないと損をする年金受給者のカードローン

年金生活者ができるカードローンはあるのか

年金生活者ができるカードローンがあるかということになると、「あります」。年金は「収入」となりますので生活保護とは違い、総量規制から見ても問題はありません。しかし年金だけで生活をしているとなれば、高齢であることは間違いありません。死亡のリスクは免れませんので、それだけ貸す側にとっても慎重にならざる得ないということになります。カードローンは基本的に無担保保証人不要です。契約者が死亡した場合、遺族から相続を放棄されれば、元金すら回収することができない可能性もあるのです。その危険性は若い人よりも高くなるのは当然です。
そこでカードローンなどを扱う金融機関は、申し込み要件に年齢条件を入れています。申し込みの年齢制限が60才未満となっていれば、これによって「年金受給者」が除外されることになるでしょう。年齢制限が「69才まで」のように比較的緩やかな場合は、年金収入だけでも申し込みが可能なものもあります。ただしそれを受け付ける受け付けないは会社ごとの裁量に範囲となりますので、「年金収入のみの方の申し込みは受け付けない」としている会社も見られます。「仕事による収入がある人を対象としている」と言うことであれば、年金収入のみでは申し込めないことになります。
このような制限によって年金生活者ができるカードローンはあまり多くはありませんが、大手でも何社かは扱っていますのでそちらの利用を検討しましょう。ただし大きなキャッシング枠は望めません。
大きな金額でローンを利用したいという年金生活者の場合には、手持ちの不動産に根抵当を付けるリバースモーゲージ型のローンがあります。この場合は根抵当が「キャッシング枠」と同じように機能し、契約能力者であれば年齢は問われない傾向にありますが、このようなローンの場合は長生きのリスクを伴うこととなります。長生きすればするほど返済し続けることとなります。現金収入が限られている上に先細りといった利用者にとっては、後々がキツいローンとなる危険性もあるのです。
(⇒オススメの簡単審査カードローン

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.