年金で習い事などをして生活をしております。最近、習い事に来ている女性と懇意になり、話をしているうちに好意を抱いてしまいました。妻がいますが、その女性と話をすると楽しくて仕方なく、習い事以外でも何とかお茶や食事に誘うことができないかと思っています。

しかし、当方、年金生活でお金に余裕があるわけでもなく、どうしようか悩んで習い事の仲間に相談したところ、年金受有者でも借り入れができる使用目的が自由なローンがあると聞きました。もう少し詳しく知りたいのですが、知っている方がおられたらご教授願えませんでしょうか。よろしくお願い致します。

年金受給者でも借り入れ可能なカードローン

年金もらってる人でもカードローン借りれますよ。新生銀行のカードローン「レイク」なら、20歳から70未満の方まで借り入れが可能なので、ここなら大丈夫だと思います。保証人も担保も不要で身分証明書さえあれば1万円から借り入れ可能ですよ。返済も月々3000円からなので、負担も少ないと思います。

その他にも信用金庫が行っている年金受給者を対象にしたカードローンもあります。60歳から69歳未満の年金受給者を対象に10万円からの借り入れが可能です。保証人や担保は不要で身分証明書さえあれば借り入れできます。返済額は月々1万円。

信用金庫がある地域に住んでいる方を対象にしてるんで、お近くにある信用金庫にご相談に行かれると詳しいことがわかると思いますよ。

年金受給者でも作れるカードローンはあるでしょうか

老後は働くことも難しくなってきますので年金収入だけで食べていこうという方もおられますが、時には年金だけでは生活を維持するのが難しくなってきます。それは例えば孫にお小遣いを与えたり、友達と旅行へ行くときには年金だけで行こうとするのは難しくなってきます。 そこで便利なのはカードローンですが、年金受給者でも作れるカードローンがあるのかは難しい問題です。そして通常の消費者金融や銀行は年金受給者には融資しないという扱いがなされています。これはなぜでしょうか。

 まず金融会社化からお金を借りようというときには、それぞれ業者が行う審査に通る必要が出てきます。そしてこの審査は、借主ごとの経済的信用の有無を判断して融資した分を返済するだけの能力があるかどうかを判断して、これらがない借主に融資をすることで貸し倒れるになることを避けるためです。そのため、年金受給者は年金以外の収入がないために毎日の生活でいっぱいいっぱいとなり、融資に回すだけの年金がないことが考えられるので審査を通らないことが多いのです。
 さらに上記の審査に通るかは業者によって厳しさが異なりますが、法律上の制限がもうけられました。2010年に行われた法律の改正によって、消費者金融は原則収入のない方に融資を行うことができなくなりましたので、年金を収入と考える業者でないと融資を法律上行うことはできなくなりました。(こちらもご参考にどうぞ→無職でも審査に通れるカードローン)そしてもし貸してしまった後に年金が収入であると法律で判断されると違法な業者となってしまうことから、金融会社は年金を収入と考えることに慎重になってしまったのです。
 しかしこのような規制があるからと言って年金受給者は融資を受けることをあきらめる必要はありません。先ほど言った法律上の規制は消費者金融に対してのみで銀行には規制はかかりません。そのため銀行系カードローンであれば年金受給者にも融資を行ってくれるところがありますので、探してみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.