無職という嘘でカードローンの審査に通るか

キャッシングベスト3

お金が必要なのでカードローンを使いたいと思います。収入はそれなりにあるのですが、それだけでは足りない出費なのでローンをしようと思ったのですが、カードローンてやっぱり切羽詰まっていたほうが審査に通過しやすいイメージがあるので、無職って嘘をついたほうが良いですか?

定職に就いていた方が審査に通りやすく相手の心象も良くなります

お金を借りるときに、そのお金がどれだけ必要かを説明することは誰しもがすることですよね。それはどうしても借りたいという気持ちがあるからです。相手が例え、はじめは貸すのを渋っていたとしても、ことの重大さに気づいてくれさえすれば最終的には貸してもらえたりするものです。

その説明として「働けないからお金がないんだ」というものもあると思います。相手の反応としては、「働いてないならお金に困っているだろうから貸そう」という考えものと「働いてないなら返すあてもないだろうから貸さない」という考えのものと両方に意見が分かれます。

銀行や消費者金融から借りる場合はどうでしょう。

銀行のカードローンや消費者金融金融で申し込むときも、お金がどれだけ必要な状況か説明した方が審査に有利になったりしそうです。しかし「働いていないからお金が必要です」では実は審査には絶対に通れないのです。

カードローンを作るときに必要なのは、返済できるという保証。それには収入があることが大前提。収入があるという証明をするためには仕事をきちんとしているということが大事です。

つまり、せっかく就職しているのに無職と嘘をついてしまうことは収入がないということになり審査においてマイナス点に他なりません。また、信頼関係を築いていくことが大切なカードーローンの申し込みで相手に自分のことを偽ってしまうと心象が悪くなり、これもマイナスの要素になってしまいます。

審査に重要なのは収入の他にも、勤続年数などいろいろなものがあります。就職先の職種などが重要という場合もありますが、どんなに世間で良いと言われている職種でも、仕事先をコロコロと変えている場合は、安定した収入があるとは見なされないので、審査には良くない影響を与えます。

お金が必要という状態を重くとらえて欲しいという気持ちはわかりますが、何事も正直に説明して相手にお金が必要で尚且つきちんと返せることを証明した方が審査には通りやすくなるので嘘をつくのは駄目だということです。アルバイトでも良いので仕事に就いているというひとの方が審査に通過しやすいというのが、事実です。

カードローンの審査で無職であるのに嘘はだめです

無職の方はカードローンを組むことができるのかが不安ですが、結論から言うと借りる方法はあります。 まずカードローンを組む際には申し込み条件が限定されていることがあり、この点で安定した収入のある方に限定している場合は無職の方はまずこの条件に引っかかるために融資を受けることはできません。この条件のあるカードローンはまず無視しましょう。

 申し込み条件には安定した収入のある場合として、パートやアルバイトの方を含んでいる場合はアルバイトを行っている方やもしくは過去に行っていたという方はその証拠となる書類を持っていけばこの条件にとおることができます。 ほかにも自分にはパートの収入もないけれど配偶者がある程度の収入がある場合はカードをローンの利用を可能としている場合が多いです。しかしこの場合には金融会社は借入限度額を低額にしていたり、配偶者の収入証明が必要だったりします。ほかにも専業主婦専用のカードローンというものもあり、収入のない主婦の方でも融資を受けることは可能です。しかも専業主婦の場合は配偶者に融資の事実がばれると問題ですので、身内の同意は不要としていたり収入証明書の提出を不要としている場合があります。こういったカードローンはイオン銀行などが行っています。ただこちらのローン業者は非常に低額で50万円程度しか貸してくれませんが、急な出費には十分です。

 これらの場合以外でも現在全く働いていないけれどもローンの審査に通る方法があります、それは派遣会社に登録するという方法です。派遣会社に登録しておけば一応働いていることになりますので、職業についている点で嘘をつく必要はなくなります。

 消費者金融が在籍確認を行いますがこれも派遣会社に連絡が行くだけなので、登録さえしていればこの点で躓く必要もありません。 返済能力を判断する際も派遣会社での過去の労働実績が重視されますので、今現在は働いていなくても融資を受けることは不可能ではありません。
(⇒在籍確認なしのカードローンって安全?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.