カードローンの審査で求職中の影響について

キャッシングベスト3

現在、仕事を探している身なのですが就職活動でいろいろとお金が掛かるので、カードローンを使いたいです。申し込みをしようと思いますが求職状態は審査に影響ありますか?

求職中でもアルバイトで収入があれば審査に影響は全くありません

就職するのにもなかなか一筋縄ではいかない世の中、就職先が決まらないまま学生を卒業することになってしまうひとも少なくありません。また自身になりたい夢があり、そのためには資格が必要というひともいます。

しかし、面接会場に行くための交通費や資格試験のための受験料など、それにはお金が必要です。そのお金を得るためにしなければならない仕事は面接や資格試験を受けなければ仕事には就けないという八方塞がりな状態に陥ってしまうひとも多いのではないでしょうか。

お金がない状態で頼ることができるのは、銀行や信用金庫などのキャッシングやカードローンです。

銀行などの金融機関だけではなく安全に借りることができるようになった消費者金融でも扱うようになったカードローンならば他のキャッシングよりも審査に通りやすくなっていて使いやすいものになっていますので、年齢や職種に関わらず多くのひとから人気があるローンです。

では早速、そのカードローンを申し込みにいきたいところですが・・・申し込みには、いくつかの注意点あるのです。

キャッシングやローンを組むときに必ず設けられているのが審査です。審査は貸し付けてくれる債権者側が申し込みをした、これから債務者になるというひとの返済能力を知るために、必要なことであり、また、避けては通ることができないことでもあります。

債務者・・・つまり申し込みをしたひとが審査に通過しカードローンを利用するためには、返済能力があるか無いかが問われるのです。返済能力とは、字のごとく借りたお金を返せるだけの力を言いますが、お金を返すためには、こちらの手元にお金があるという状態でなければなりません。

それは、つまり「収入」があることが審査で問われること、ということになります。求職の状態にある場合は、勤めていないので収入はゼロ。審査をしている担当者には「返済能力はない」と判断することは間違いありません。

でも、それは「収入があれば審査に通過できる可能性がある」ということでもあります。

就職が決まらないからお金に困っているというのに、と思うかもしれませんが、仕事は正社員などの正規雇用である必要はありません。収入があれば良いのですから、パートやアルバイトでも全く問題はないのです。

ただし、借り入れる金額やそれに伴う金利は通常のローンプランよりも、金額が低かったり金利が高く設定されている場合がほとんどになります。なので、高額なお金を借りるというよりは、少しピンチな状態を補うというときの利用に適しています。

会社によっては、今まで問題なくカードローンを使えていたひとが、万が一にリストラなどで仕事を辞めなければならなくなったときのために保険に入って、それを返済にあてるということができる場合も昔はありましたが、「命を担保にしている」という批判が生まれたために、このシステムを取っているところは今はあまりないと言えるでしょう。

適したプランを選べば、アルバイトでも問題はないというのは、もちろんその通りなのですが、あまりにも行きすぎた借り入れをするとアルバイトなどの収入では返済が苦しくなってしまう可能性があります。そうならないためにも借入額と収入のバランスを良く考えて、返済をしながら、求職状態を早く抜け出せるようにしましょう。

求職にカードローンの審査は影響しない

カードローンの審査を受けたからと言って、求職に影響を与えるようなことは絶対にありませんし、求職活動中であったとしてもカードローンの審査は受けることが出来ます。そもそもこうした融資を提供している金融機関というのは大手の銀行グループも含まれているのです。サラ金業者のような怪しい会社が提供しているわけではありませんので、サービスに関しては国内で最も信用できる融資のサービスの一つだと言えます。

では、なぜそもそもこのような話が出てしまうのでしょうか。それは、信用情報の審査と言う特別な審査があるからに他なりません。信用情報というのは、債務者の債務の情報のことを言います。つまり、現状の借金の情報のことを意味するのです。お金を貸す金融機関は、相手に対して利息を含めたお金を返済してくれるだけの能力を持った者を求めますので、大きな負債を抱えていないことは最低条件になります。

そして、信用情報というのはこうした債務の情報を管理している情報のことを言いますので、信用情報は金融機関であるのならば専門の機関に照会を依頼することによってすぐに閲覧することが出来るようになっており、この情報を見ることによって相手の信用性をすぐに確認できます。実は、これが勘違いのもとになっているのです。

信用情報は、借金の情報だけではなく過去にどのような会社に対して融資の相談をしたのかなどと言った細かい情報も記録しています。そのため、既に他の会社に対して融資の相談をしている場合には次の会社でお金を借りるときには必ずその点を指摘されることになります。そのため、信用情報には多くの情報が掲載されていると勘違いをしてしまうわけです。

しかし、求職中であっても他にアルバイトなどの定期的な収入を得る仕事をしていれば何の問題もありませんし、当人が現在求職中であると言ったような情報は記載されていません。カードローンの審査は簡易的な条件しか存在しませんので、求職中であるかどうかは融資の条件としてはあまり関係がないわけです。そして、その情報が外部に漏れることは決してありません。

【参考ページ】
カードローンの審査に落ちた人から学べること

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.