伊予銀のカードローンは無職は作れないのか

キャッシングベスト3

伊予銀でカードローンを申し込もうと思いましたが、働いていないと駄目だと言われてしまいました。どうして無職だとカードローンの申し込みが出来ないのですか?

伊予銀のカードローンは保証を受ける必要があるので無職だと無理

「伊予銀」こと伊予銀行は地方銀行の中でも大手の銀行です。カードローンの種類がたくさんあり、使いやすい商品が揃っています。「新スピードカードローン」「さっとカードローン」「ほっとカードローン」の三種類があるので、それぞれ自分に合ったものが選べるのも、これらカードローンの魅力です。

では、ひとつひとつ紹介していきましょう。

まず、ひとつめは「新スピードカードローン」です。このローンは借入可能な金額が500万円まであるので大口の利用ができます。

ふたつめは「さっとカードローン」。借入可能な金額は50万円以内で最初のカードローンよりも借りることができる金額は抑えめですが、収入証明書などの書類を用意する必要がありません。また、毎月の決められた返済日を設けていないので、自分の金銭的な余裕があるときに返すことができます。

みっつめのカードローンは「ほっとカードローン」。50万円と、さっとカードローンと同じ借入額ですが、こちらは返済日が決められているタイプです。

お得で便利な伊予銀のカードローンはどれも保証人や担保が必要ありませんが、これらのカードローンを利用するには審査したうえで保証会社の保証を受けなければなりません。保証をしてくれるのは、毎月の収入が確実にある何かしらの職業に就いているひとなのです。

なので、無職では伊予銀で用意されている保証会社の保証が受けられず、保証が受けられないとカードローンも作ることができません。

銀行は消費者金融と違い、総量規制が適応されませんから「年収の3分の1まで」という貸付金額が決められていません。収入があれば、カードローンを作るときにハードルが高くなりません。なので、カードローンを作りたいのなら、何か仕事をきちんとするようにしましょう。(こちらも参考になります→無職でもカードローンを利用することができる方法

伊予銀行では無職でもカードローン利用可能です

少しほしいものや行きたいところがあっても定職についておらず手持ちのお金が少ないために我慢はしていないでしょうか。たとえ無職の方であっても、カードローンを組むことができる銀行もあるために諦めてはいけません。 確かに通常のカードローン業者は無職の方の申し込みを却下します。それは日常的な収入がないと、返済能力がなく経済的信用がないと考えられるためです。 しかし伊予銀行は違います。こちらでは主婦やアルバイトという定職を持たずにいる方の申し込みも断らずに審査します。しかも配偶者の年収証明書も提出は不要となっています。これは主婦の方にとっては融資を受けたという事実が身内にばれるとその立場が悪くなったり、関係が悪くなったりしてしまうためです。

 伊予銀行がこういった無職の方からも融資を受けることができるのには理由があります。まず銀行は総量規制は受けないということです。総量規制とは2010年の法律改正によって消費者金融に対してくわえられた規制で、年収の3分の一以上を融資してはいけないという規制です。そして年収にあたるものがない無職の方の場合には、消費者金融は融資してはいけないという解釈がなされるために無職の方は消費者金融から借りることはできないのです。

 またほかにも主婦やアルバイトの方は申し込みを行うことができても返済能力があるかが微妙なため、消費者金融であれば融資を断るのが普通です。しかし銀行であればk英英が安定しているため、職がないの方に融資をしても安定して利子を請求し続けることができますし、収入は伊予銀行の口座へ入金してもらうようにすれば、借主の資金状態を容易に知ることができるためです。
(⇒カードローンを利用したい専業主婦のみなさんはこちらへ

 こちらで融資を受ける手続きは非常に簡単です。こちらでは来店を行う必要がなく、電話やインターネットで申し込むことが可能ですし、審査も30分ほどでメールや電話で通知があるだけで借り入れの可否がわかります。 こちらのカードローン最高限度額は500万円までです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.