どういう人にも話していない内緒の銀行系カードローンというものがあります。私にとっては結構重要で、メインバンクと同じ所を使っているんですけれども、この銀行系カードローンを使っていたからなのか「カードローン使っている?」と友人から聞かれたことがあります。

私はとっさに使っていないと内緒にしているので話したのですが、どうやって友人は私がカードローンを使っているということを知ったのでしょうか。もしかして銀行が会社に電話をしたとか、そういうことがあるのでしょうか。なんだか使っていて気味が悪くなりました…

銀行系カードローンを内緒で使っているのに密告はされない

銀行系カードローンを使っていることが誰かにバレてしまった時、それを銀行から連絡を受けたであるとか、密告をされたというようなことはありません。使っていることが周りに知られてしまうとすればそれは単純に利用の仕方に問題があるか、在籍確認の連絡をした時などに聞かれてしまったという可能性が高いでしょう。

銀行系カードローンの中を内緒で使っていると思っても、周りで敏感な人達や自分も銀行系カードローンを使っているという人にしてみると、ちょっと怪しい動きをしているようにみえるものです。例えば単純にATMで借り入れをするときも、銀行から引き出している時とは違う動きに見えるものです。そうしたちょっとした違いを見ぬかれている可能性があります。

もしくは銀行系カードローンを使う時に必ず必要と言われている在籍確認の電話ですが、これを同僚の人に聞かれてしまった可能せいがあります。最初に取次をすると、どうしても他の人がとってしまう可能せいがありますが、その時におかしいと感づかれてしまった可能性はあります。

まぁ内緒で借入をしていたとしても、それは会社の同僚くらいであれば問題はないんじゃないでしょうか。上司であるとか人事部の人、後は家族などに知られるとバツが悪かったり不利益を受ける可能性もあるでしょう。そうでないなら、ある程度は仕方ないので他の人に話さないようにお願いするといいかもしれません。

【参考ページ】
カードローンを使っていることがバレてしまった時

銀行のカードローン利用を会社や家族に内緒にするには

日々の暮らしにおいて急な出費に見舞われるケースは誰にでもあることです。そんな時、もしもどうしてもお金が不足してしまった時に備えて、不可能を可能にしてくれる何らかの手段を保持しておくことが必要です。その意味でも、銀行のカードローンは、お金の不足時に迅速に融資金を提供してくれる、とても頼りになる存在と言えるでしょう。(こちらもご参考に→銀行カードローンを内緒で使っていたら危ない?

こうしたカードローンを利用するにはまず然るべき方法で申請を行わねばなりません。パソコンやスマートフォンを使ったネット申請や電話で相談しながらも申請、さらには無人契約機や自動契約機と呼ばれる機器を使って申し込むという方法もあります。これらにて氏名、職業、年収に代表される記載事項をきちんと埋めた後、必要に応じて身分証明書や収入証明書を提示を求められる場合もあります。この時、無人契約機であればそこに設置してあるカメラ機能やスキャナー機能を使ってその写しを送信することが可能です。また、ネット申請であればスマートフォンのカメラ機能を使って同じく証明書を撮影してその画像データを送信することでも受け付けてもらえます。このように申請した内容について審査が行われ、条件に合致していてなおかつ信用機関でも問題点が見受けられないようであれば、晴れてカードローンの利用が許可されるのです。

こうしてカードローンを利用して毎日を過ごしていく中で気をつけたいこともあります。たとえば審査時には勤務先への在籍確認というものが行われますが、こうした電話にて会社の人に借金のことを知られたくないのであれば事前に審査担当者に対して内緒にしたい旨を相談することも可能です。その際、カードローン名や銀行名ではなくて、全く別の名前にて在籍確認の電話を行ってくれる場合もあります。

また、自宅に月々、利用明細書が届くことによって家族に借金がバレてしまうケースも少なくありません。こうした場合、家族に内緒にしておくためにも利用明細の送付設定を郵送ではなくウェブでのチェックに切り替えておく必要があります。そうすればメールなどで案内が届いて、専用のウェブ画面にて手軽に確認出来るようになるので家族に知られる心配もありません。

こうした部分に配慮しつつ、快適にローン契約していきたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.