銀行カードローン内緒で使っている人が多い、これ自体はもうなんとなく口コミなどを見ていても「そうなんだろうな」というのを感じるようになりました。ですが、銀行カードローン内緒で使うことに対して、危険性もあるんじゃないかと考えるようになりました。

闇金などを使うことに対する危険性というのは理解されてきていますが、銀行カードローン内緒で使うことに対する危険性というのはどういうふうに考えられているんでしょうか。まったく危険ではない、そういう風に考えられているのでしょうか。

銀行カードローン内緒で使う危険性は困ったときに起こる

危険性が全くないというのは銀行カードローンでも消費者金融でも、はたまた自動車ローンや住宅ローンのような借入であってもまずありえないことです。必ずと言っていいほど、そういう借金やローンというのは危険性がつきまとうものです。ですが銀行カードローンを使うことそのものだけで、危険になるということはありません。闇金との違いはそこでしょう。(こちらも参考になります→消費者金融を利用してもバレる確率は変わらない?

その代わり銀行カードローン内緒で使うのであれば、トラブルが起こった時などにはちょっと危険性はあるだろうと思われます。例えばですが、金融トラブルの基本である遅延や延滞といったお金の返済が滞る場合ですが、こういう時には銀行カードローン内緒で使っている人だけが自分自身で解決しなくてはならなくなります。他の人に相談できないからです。

もしちゃんとカードローンを使っている人であれば、親なり兄弟なり、もしくは会社などに話をして解決をしてもらうことも出来るでしょう。しかし全く周りに話していないで銀行カードローン内緒で使っているならば、銀行カードローンに話をして返済を待ってもらうなどの交渉が必要になります。こういった危険性は確かにあるといえるでしょう。

しかし逆に言えば返済が全く遅れないであるとか、ちゃんとした信用がある人にしてみると、内緒だろうが周りに話を指定用が関係がないという事にもなります。もし自分が返済を毎回必ずできるという自信がないならば、銀行カードローン内緒で使うのはやめておいたほうがいいかもしれませんね。
(⇒家族にバレないカードローンの使い方はこちら

銀行カードローン内緒にできます

銀行カードローン内緒にできます。電話連絡や郵送のないカードローンが多く、銀行も多いです。家族にわからずにお申込みができ融資も受け取れます。郵送や電話がない銀行を選びます。インターネットから簡単に申込み、審査ができます。審査結果もメール又はインターネット上で教えてくれます。電話連絡欄を携帯電話番号だけでもお申込みは可能です。

明細書は全てインターネットでの記載になり、自分のIDやパスワードが必要になります。本人確認書類は写メールで携帯電話やスマートフォンなどで撮った写真を送信します。指定口座又は銀行側が指定した口座に融資を即日で振込してくれます。全てインターネットで出来るので家族の方に知られずにお申し込みが簡単にできます。返済も指定口座からの振替が可能で、提携のあるコンビニや銀行のATMから引き出しや振込が可能です。ローンカードがない銀行もありますので全て、誰にも知られずに融資を受取りすることができます。

お申込み方法は簡単でインターネットの銀行サイトからお申込フォームで必要事項に入力します。その後審査に入りますが結果もすぐにわかり、審査終了後にすぐに指定口座に振り込みを行う銀行と審査終了後は契約に進んでから融資の振込する銀行もあります。郵送が一切なく、電話連絡も無く、スムーズに出来るのでお申し込みから時間はかからないのです。

返済もインターネットから簡単にでき、振込や振替も行っているので便利が良いです。無理のない金額で返済なので無理なく生活ができます。融資額も高額から低額まであり銀行によっては融資額が違ってきます。銀行カードローン内緒にするには自宅の電話にかかってきて家族にばれたり、郵便物でばれたりといろいろ黙っていても家族にばれてしまう所があったのですが最近の銀行融資は家族に知られずにお申し込みや、融資を受け取れる銀行が増えています。毎月の残高などインターネットで確認できるので自分の携帯電話やスマートフォンからも確認ができるので便利がいいです。

【参考ページはこちら】
内緒にしていたカードローンがトラブルになったらどうする?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.