少し前から銀行のカードローンを使うようになりました。正直、使う予定はなかったんですけれども、会社が給料を減らしてくるということが急にあったので使わざるを得なかったのです。とりあえずは一時的な利用だと思っていますが、銀行のカードローンがある場合車のローンの審査は通るのかが気になります。

今欲しい車があって、車のローン審査を受けたいと思っています。このまま銀行のカードローンがある状態で受けても大丈夫でしょうか。それとも数ヶ月待って完済してからのほうがいいのでしょうか。

銀行のカードローンが車のローン審査に影響を与える場合も

銀行のカードローンを借りながら車のローン審査に申し込むということはよくあることです。ディーラーの人たちなどはそれでも売りたいために、できるだけローンを通すための手伝いをしてくれるでしょう。ただし、銀行のカードローンがある場合車のローンの審査は影響があるのは間違いありません。(こちらも参考にどうぞ→カードローンを契約中でも車のローン審査に通れる?

もちろんいい影響ではなく悪い影響があるので、できれば完済をした方がいいでしょう。確実性を高めるのであれば直ぐに車のローンを組むよりは確実にカードローンを返済してから、銀行に自動車ローンのお願いをした方がいいでしょう。ディーラーの人たちもそう言うと思いますが、借入金額によっては特に問題なく借り入れすることも出来ます。

少額の融資を受けている場合であればあまり関係なく使うことも出来るでしょう。もちろん枠がたくさんあっても借り入れをしている金額が少なければ、自動車ローンにあまり影響を与えません。影響をあたえる場合は限度額一杯やそれに近い金額を借り入れしている場合です。この場合はディーラーの方が頑張ったとしても、自動車ローンを組めない可能性は高いと思ったほうがいいでしょう。
(⇒銀行カードローンで車を購入する方法

ですからできるかぎり完済をした方がいいですが、金額がさほど多くないというのであれば、自動車ローンを組めると思うので、とりあえず自動車のショールームに言ってみて話をするのが一番早いと思います。担当者によっては割引もしてもらう事ができるでしょうから、ショールーム選びは重要ですよ。

銀行のカードローンがある場合車のローンの審査のむずかしさ

銀行のカードローンがある場合車のローンの審査を行う時のマイナス要素になるといわれます。それは車のローンを返済するうえでの返済能力に問題があると考えられるからです。ただ銀行のカードローンがある方と言って絶対審査に通らないということはありません。自動車のローンを組むうえで問題となるのはローンの返済能力に影響があるかどうかですから、カードローンを組んでいてもそれを滞納や延滞することなく返済していればしっかりしていると考えられしっかりと信用されると考えられます。しかしこの例外としてしっかりと返済していても複数の会社から同時に融資を受けているなどの事情がある場合は、自動車操業を繰り返した結果返済していたと考えられる可能性もありますので、信用を失う可能性があります。そのため複数の会社から融資を受けているときはすべてをしっかりと返済してからでないと審査を通ることができない場合があります。

 また自動車ローンの審査基準は項目の総合的判断をした結果なので、ほかの項目がマイナスでなければ融資を受けることができる可能性もあります。
 この審査項目には年収がありますがこれは少なくとも200万円以上の収入がないと審査が認められにくいと考えられています。また雇用形態として正社員でないと難しく契約社員ではぎりぎり通らないといわれています。これは年収のいいアルバイトでも不可能です。

 勤務先は公務員が最も有利であり、その次に有利なのは大企業です。そこから中小企業、零細企業の順です。医者や弁護士よりも公務員のほうが仕事に対する信用はあります。 勤続年数も重要な項目で長いほど信用があるとされますが、最低でも3年は必要です。 ディーラーローンを組む際に覚えておくべきであるのは、ローン完済までは自動車の名義はディーラーまたは信販会社の名義となることです。 自動車ローンを組むことは自動車を購入するうえで不可欠のことですから、しっかり考える必要があります。

【参考ページ】
カードローンも車のローンも選ぶなら銀行が一番?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.