カードローンあっても車のローンは通るのか

キャッシングベスト3

今契約しているカードローンあっても車のローンは通るのか?がすごく気になります。実は今はカードローンをよく使っているんですけれども、今欲しい自動車があるのです。エコカーなんですけれどもみんなが買うので生産が追いつかないと言われているくらいのものです。

今のうちに買っておかないと手に入らなくなると思いますし、中古はチョットと思っているのでできるだけ速く手に入れたいと思っています。ただ、カードローンの残高があっても大丈夫なのでしょうか。

カードローンあっても車のローンは通るのかは心配いらない

まずカードローンあっても車のローンは通るのかというのは心配になるかもしれませんが、そこまで心配しなくてもいいということは思って間違いないでしょう。正直な所、よほど借入をしていない限りは車のローンに落ちてしまうということはないようになっているのが最近なのです。もちろん落ちることもありますから使い方次第ということですが。

例えばカードローンの残高が3社も4社もあるときには危ないでしょう。おそらく車のローンも通らない可能性があります。返済の回数が多すぎるので、これでは車のローン担当者も通すわけには行きません。ですからまずは一本化して整理してしまうことが求められます。そうすれば毎月の支払い回数は一回に減るので、ローンを組める可能性は増えるでしょう。

もう一つが借入の残高を減らしておくことです。借入残高があまりにも多いと車のローンの審査で落ちる可能性があります。もちろん自動車ローンは自動車そのものを担保にしていますから、借り主の信用だけがポイントになるわけではないですが、信用枠があまりにも減ってしまっていると借入は難しくなると思っていいでしょう。この時は残高を減らしておくべきです。

後は細かいところで所有権をどちらにしておくか、というんも審査に通るかどうかのポイントだと言われています。ローン会社に所有権を移しておけば、審査に通りやすいと言われているのでやっておくといいでしょう。カードローンあっても車のローンは通るのかというと、それは条件次第ということです。少しでも借りやすい状態にしておく言葉ポイントです。

【参考ページはこちら】
オートローンとカードローン、どちらを先に契約するべき?

金融会社のカードローンあっても車のローンは通るのか

 金融会社のカードローンというのは最近は非常に手軽に作れるようになりました。インターネットや電話を使って申し込みや契約を行うことはできますし、融資を受ける場合には近くのコンビニのATMを利用すればいつでもどこでもお金を借りることができます。 しかし金融会社などでカードローンを組んでいると車を購入する際の自動車ローンを組むことは難しくなります。それは自動車ローンの審査基準の審査項目が問題となります。
(⇒カードローンと自動車ローンの関係性

 自動車ローンにはいくつかの種類がありますが、ここでは最も自動車を購入する際にポピュラーなディーラーローンについて解説します。 ディーラーローンを組む際の審査項目はまず年収です。年収が高ければその分毎月の返済に回せる部分も多くなりますので、返済能力があると判断できることになります。 また雇用先も重要な考慮要素です。雇用先が公務員である場合は非常にその職業の安定性を信頼することができますし、大企業であってもその職業がちょっとやそっとでは不安定にならないことになるので、返済能力の判断においてプラスになります。

 さらに雇用関係が正社員化契約社員化でも立場の違いによりその収入の安定には差がありますので、正社員のほうが地位が安定していることになります。
 ほかに重要な考慮要素として、他社からの借り入れを考慮します。ほかの金融業者からの借り入れがあるときには自動車ローンの返済能力がないと判断されるためです。しかしカードローンを組んでいるだけでは自動車ローンの審査に落ちるわけではありません。それはカードローンがあったとしてもそれを誠実に返済しており、滞納や延滞という事実がなければ、その信頼性は保たれますので審査に通る可能性が高まります。

 そのためカードローンあっても車のローンは通るのかという問題に対する答えとしては、必ずしも通らないと言い切ることはできませんが、カードローンを返済してからのほうが審査には通りやすいです。(こちらもご参考に→カードローン契約中でも車を買える方法

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.