車と家とカードローンは全部同時に使えるか

キャッシングベスト3

ちょっとした心配事があります。私も結婚してそろそろ家を構えないといけないと思っているんですけれども、車のローンもありますしカードローンが少しだけですがあるのです。結婚式の時に足りなかった分をほんのちょっと使ったんですけれども、その残高がまだ残っているんです。

こんな状態ですけれども、車のローンとカードローンがあっても家のローンは借りれるかどうかが気になります。家を一括で買うことは出来ないですし、なんとかローンを組みたいです。住宅ローン減税もあるようですし、借り入れは楽になっているのでしょうか。

カードローンと車のろーんがあっても家を持つことは可能だ

車のローンとカードローンがあっても家のローンは借りれるかは年齢が高くなっていくと気になるところでしょうね。30歳を過ぎてから結婚をしているのであれば絶対に家は持ちたいという気持ちが出てくるものですから当然のことです。気になるかもしれませんが基本的には車のローンとカードローンがあっても家のローンは借りれるかという答えはイエスです。

もちろんそれらには条件がありますし、その条件をクリアしなければなりません。銀行などのローン会社としてはこの時に「ちゃんと返済できるかどうか」ということを見ているのです。例えばカードローンの支払日が来てカーローンの支払日が来て、その後に家のローンの支払日が来るのです。すべての支払いを行うだけの収入があるかどうか?それが数十年か続くかを見ています。

ですから銀行などから「ちゃんと支払いができる人だ」というように見られたならば、自動車も持ちながらカードローンも組んで、一戸建ての家を買うことだって出来るのです。このハードルは高いですけれども、裏技としてはひとつの銀行、できれば地方銀行や信用金庫、もしくはろうきんなどにしてしまうという方法があります。そうすると借入が大銀行よりも楽になるでしょう。

自動車も家も欲しいし、何かしらの急な出費でカードローンも使いたい、これ自体は自然な考え方ですし、それを責められるということはありません。やり方しだいではすべての借入を使うことだって可能なのです。

車のローンとカードローンがあっても家のローンは借りれるかという疑問

 住宅ローンの申し込みは通るかわからないと思っている方もいればとおって当たり前と思っている方もいます。そんな風に住宅ローンの審査基準については明らかではありません。住宅ローンと言っても何の審査もないというわけではなく、審査の結果落ちることになれば、住宅ローンを借りることはできません。住宅ローンについては何の問題もないときは何も心配する必要もありません。しかし審査に通らないことについての不安がある方は審査基準についての知識を前もって準備し、なるべく審査に通りやすいようにしましょう。

 住宅ローンの審査項目は多くあり、それらは総合的に判断されることになります。大きく分けると、申し込みをした人の属性と担保となる不動産の質や価値が問題となります。これはどちらかがかけていると一方がどれだけすごくても住宅ローンを組むことはできません。 不動産の価値を正確に知るには不動産鑑定についての専門知識や相場を知ることが必要ですが、それは時間がかかりますので、ここでは、個人の属性についての審査項目について考えていきます。

 もっとも重視されるのは個人信用情報です。たとえば車のローンとカードローンがあっても家のローンは借りれるかということを考えるときはこの個人信用情報の有無にかかわってきます。 過去に借り入れを行ったりしても問題はありませんが、その借入を返済するときに滞納や延滞をしたという事実があるときは個人信用情報として記憶されますので、住宅ローンを受ける際のマイナスポイントになると考えたほうがいいです。そのため住宅ローンを組もうという場合はほかのカードローンや車のローンは返済してから組んだほうが無難です。金融機関によってはクレジットカードのキャッシング枠も借入金として住宅ローンのマイナスポイントとなります。

 ほかにも個人のチェック項目は勤務先や勤務年数、健康状態、年収などが参考にされます。ローンを受ける際は注意しましょう。

【参考ページはこちら】
車の支払いはカードローンとリースではどっちがいい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.