車の支払いはカードローンとリースもあり?

キャッシングベスト3

新しく新車を購入しようと思っているんですけれども、今度は新しい方法で購入したいなと思っています。それは一つ考えているのが銀行系カードローンなどを使うことです。フリーローンですから使いやすいと思います。もう一つがリースという方法があるというのを聞いたのでどちらかがいいかなと思います。

自動車ローンもいいですが、カードローンとリースであればどちらのほうがいいという物はあるんでしょうか。やはり自動車ローンが支払いには一番ということなんでしょうか?

車の支払いはカードローンとリースでは決定的な差がある

カードローンを使って車の支払いをしたいということですが、これは全くおすすめしないのでやめておいたほうがいいでしょう。カードローンは車を買う時に担保は必要ありませんが、その分借入の返済金利が高くなります。支払えなくなってもすぐに車を差し押さえされないというメリットは有りますが金利がだいぶ違いますから総合的には損だと思います。

もう一つ、リースという方法についてですけれども、このリースは悪くない方法だと思います。リースというのは自動車ローンとは少し違って貸出をするという方法になります。一応はオーナーとして乗ることは出来るんですが、リース期間中は借りているような扱いになり、リースが終わった時点で買い取るかもしくは他のものに乗り換えるかを選ぶことが出来るのです。

つまりリースで乗るときの良い点というのが、リースの支払いが終わってから新しい車に乗り換えられるという点です。もちろんそこでも今乗っていた車を下取りに出して、またリース契約するというような方法を取ることが出来ますし、そうなれば買い替えを何度もすることが出来ます。最新の車に乗りたいと考えている人にはとっておきの方法でしょう。

自動車ローンがメインとなってはいますが、今はカードローンとリースで悩む質問者のようにいろいろな借金の方法がありますから、それを使って自動車を買うことが出来ます。自動車を購入する方法は様々ですし、好きな方法を選んで買うのが一番いいと思います。
(⇒カードローンもカーローンも銀行が一番?

【参考ページ】
銀行カードローンで車を購入する方法

車の支払いはカードローンとリースのどちらがいいか

車を利用する場合には2種類の利用方法があります。それはカードローンを利用する方法とリースを利用することです。そのうちどちらがいいのかは両方の性質をよく知ることによって可能になります。まずはカードローンとリースのそれぞれの特徴について解説します。 カードローンによる方法は、車をカードローンで購入し、月々に一定額の金額を支払い続けて数年後に支払い終わるものです。 リースによる方法は車を借りてその利用料として月々に一定額を支払うことです。これからわかる両者の違いは車の所有者となることができるかということです。ローンの場合は支払いが終わると自分のものになり自分の持ち物になりますが、リースは自分の好みに合わせてカスタマイズすることはできますが、他人の持ち物であることには変わりませんので、契約が終わっても自分のものにはならず返す必要があります。

 ローンとリースのどちらかを選択する際のポイントは頭金と支払額と乗り換えの3つのポイントとなります。以下はこれに沿って説明します。 ローンの場合は購入するときに値引きの交渉を行った後で月々の支払額を決定しますが、その毎月の支払額を抑えるためには頭金を用意する必要があり、まとまったお金が必要になります。それに対してリースの場合は頭金のようなまとまったお金を用意することなく契約できますし、毎月の支払額は契約満了時の価格をさし引いた後に毎月の支払額を設定しているので、交渉する間もなく低価格の支払額で合意できます。

 支払額についてみると、ローンの場合は自分の車ですから税金や保険料は自分で支払う必要があります。しかしリースの場合は税金や保険料、月々の支払額に含まれているので、そのため月々の支払以外に必要なのは、燃料代と整備料金くらいです。そのため支払額ではリースのほうが安いです。 乗り換えについて考えると、ローンの場合は今の価格に新しい分を上乗せすることで乗り換えができますが、リースの場合は再度リース契約を結ぶことになります。乗り換えを行わないならばローンなら取得でき、リースなら残存価格を支払って取得できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.