カードローンとカーローンは銀行がベスト?

キャッシングベスト3

銀行で借入をすると利率が低いので助かる、というのは借入を使っている人にとって見れば当たり前かもしれません。もちろんだからと言って誰もが銀行で借り入れができるわけではないので、銀行系カードローンだったり消費者金融を使っていると思います。

私は今銀行系カードローンを使っているんですけれども、この銀行系カードローンを使っている銀行と同じ所のカーローンを使ったほうがいいのでしょうか。銀行のほうがカードローンはいいですが、カーローンも専門業者よりも銀行のほうがお得で利率が低いものですか?

カードローンは銀行、カーローンは専門業者が利率が低い!

銀行こそ一番いい、と考えているのは大企業だからという安心感もあるのだと思いますが、よくよく詳しく調べてみればわかりますが、必ずしも銀行のカーローンが一番いいということはないのです。銀行系カードローンについてはまず間違いなく借入をした時の利率は低いですし、消費者金融と比べると明らかです。ただ、カーローンの場合は別の業者の方が低いことも多くあります。

調べてみればすぐに分かることですが、銀行のカーローンに比べて1%以上の利率が低いところもあります。借入の条件だけで決めるのであれば、1%以上低い専門の業者を使うようにした方が得なのは間違いないでしょう。カードローンは銀行、カーローンは専門業者ということができればベストです。

ただし専門のカーローンを使えるかどうかはまた別です。こういった金利が低い専門のカーローンはかなり審査が厳しいとされていますから、厳しい審査に通らない場合は同じ銀行で固めてしまったほうがいいかもしれません。そうすれば審査に通りやすくなる可能性もあります。もちろん大銀行を選ぶなら審査は厳しいでしょうが、地方銀行なら可能性は高くなるでしょう。

最もいい組み合わせというのはカードローンとカーローンの場合、どちらも銀行というよりはカーローンだけ別にしておいたほうがいいでしょう。また大銀行を使うよりも地方銀行を使うようにした方が低い利率で借り入れ出来る可能性もあります。

【参考ページ】
契約しているカードローンがあってもカーローン審査は通れる?

カードローンとカーローンの関係について

カードローンは銀行が昨今の貸金業法や利息制限法の改正により貸金業者の経営は困難となったことのあおりを受け、銀行や消費者金融が利益を得ることが困難になりましたので、融資を行う門戸を広めるために金融業者が開設したサービスです。カードローンは申し込みを行う条件が非常にゆるかったりしますし審査もまたゆるかったりしますので、非常に簡単で手軽に融資を受けることができます。しかじこのカードローンを組んでいるときはカーローンを組むことが難しくなることがありますので、気を付けなければなりません。

 カーローンにはいくらかの種類がありますが、今回は銀行系自動車ローンの審査基準を基礎として考えたいと思います。銀行系自動車ローンは審査が厳しいことで有名です。しかし逆に言えば自分名義で購入できるうえに金利の面でも抑えることができますので安心できます。銀行系の自動車ローンの審査基準を紹介します。
(⇒銀行カードローンで自動車を購入できる?

 銀行の自動車ローンではまず他者での借り入れ状況と返済状況が最も重視されます。カードローンを含む無担保の借り入れが年収の50パーセント以内であれば大丈夫と言われていますが、実際のところはどんなに設けていても年収の3割以下でないと厳しいというのが実情です。銀行系自動車ローンを組む際はキャッシングを利用していると不利だといわれていますが、公務員でもキャッシングの経歴の多い方は信用できないと考えられて審査に落ちる可能性が高いです。

 そのためこちらの自動車ローンに申し込むには、普通にローンを組んできちんと期間内に滞納や返済日を伸ばすことなく返済していると大丈夫です。しかし借入件数が多いと一度借りたものを返すためにまた借りたという自動車操業を連想させますので、支払いに遅延がなくても審査は通らないと考えられています。

現在のローンがあってもしっかりと返済されており、今後まじかに完済できる状況があるときは審査に通る可能性が高いといわれます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.