普通、カードローンの金利は単利?複利?

キャッシングベスト3

カードローンの金利は単利?複利?というとどちらになるんでしょうか。どちらがいいと言えばもちろん単利のほうが借りる側からするとすごいありがたいんですけれども、そのような消費者金融や銀行系カードローンはありますか?

最近金利は単利?複利?かよくわからないものも増えていると思いますので、今はどういう流れになっているのかを教えてもらいたいのです。できれば単利の業者がいれば、その業者名も教えて欲しいです。

金利は単利?複利?と言うとカードローンはまず複利だ

昔から消費者金融というものはあり、そこからカードローンという名前も出てきたわけですが、このカードローンの場合は単利?複利?と聞かれても基本的にはまず複利であるというように思っておいたほうがいいでしょう。なぜか、それは複利で昔から運用されてきているためですし、単利のものというのは儲からないからやっていないのです。

クレサラ問題という名前で昔は言われていた時代がありましたが、借り過ぎのために生活破綻してしまう人が続出していた頃がありました。最近は使い方も上手になってきて、ちゃんと業者側もコントロールしているので大丈夫なのですが。このクレサラ問題が引き起こされる理由も複利だからなのです。単利だったらまずこういう問題にはなっていません。

貸出については基本的に複利ですけれども、預入については単利の所も多いです。よく定期預金などでネット銀行がかなりいい金利をつけてくれるところがあり、利息だけでもかなり儲かりそうに思うかもしれませんが、定期に預金などの場合にはかなりいい金利がつく時は単利の時もあるのです。だいたい、単利はこういうところに使われていると思っていいでしょう。

銀行系カードローンでも消費者金融でも、歴史的に見てたんりがつかわれてきたということはほとんどありません。今でも複利が中心的に使われてきていますからこそ、使うときには気をつけたほうがいいと注意をされるというわけです。複利は放置していると一気に金利が膨らんで返済金額が多くなりますから、毎月間違いなく返済することが重要です。

【参考ページはこちら】
破格金利のカードローンをお探しの方にオススメ

カードローンで借りた場合の金利は単利?複利?

カードローンで借り入れをしたときには、金利は単利?複利?、どちらかのでしょうか。そもそも単利と複利の違いが分からないという人もいるでしょう。複利とは、利息にさらに利息が付く方式を指します。どちらかというと、銀行預金や投資などで資産を増やす場合に用いられます。ですから、借り入れをするときにはあまり意識しなくて良いでしょう。(こちらも参考になります→カードローン金利を引き下げる方法

普通に返済をしているときには、単利であるのか複利であるのかを意識することは必要ありません。カードローンで借り入れをすれば月々返済をしていかなければならないのですから、そのときに利息は支払っています。ですから、利息に利息が発生することはありません。利息は一度支払ってしまえば、その利息に対して利息が発生することはありません。それを考えれば、単利であっても複利であっても関係はありません。強いて言うとすれば、単利として利息を支払っていくことになります。

しかしながら、返済が遅れてしまうと複利効果が働きます。たいていのカードローンでは返済が遅れたときに適用される金利として遅延金利が設定されています。遅延金利が適用されて、そしてその段階で返済をすれば良いのですが、それを返済しなかった場合には、発生した利息の金額は残金に組み入れられます。カードローンではリボルビング方式が採用されていることが多いですから、利息と元金を区別せず、利息は元金に組み入れられて残金となります。

そして、次は利息が組み入れられた残金に対して利息が発生します。これを考えれば複利で金利がかかってくると考えられます。複利効果が働けば、利息の金額は一気に大きくなりますから注意しておかなければなりません。また、遅延金利は通常の金利よりも高く設定されていることが多いですから、普通に返済をしているときに比べると利息の金額は非常に大きくなります。金利が高くなる上に複利効果が働きますから、一度返済ができなくなってしまうと、利息の金額は一気に増えるという点に注意しておきましょう。
(⇒金利が高いカードローンがある理由とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.