私が今使っているカードローンの借入枠って50万円なんですけれども、これってそんなに多くはないですけれども少なくはないですよね?個人的には十分だと思っていて、枠いっぱいまで使ったことはないんですけれども、100万円くらいの枠があったらまた金利も変わってくるのかなと思っています。

50万円の枠よりも100万円の枠のほうが当然金利も下がりますよね?金利が下がるならばそれだけの枠を貰いたいと思っているんですけれども、どうやったらいいんでしょうか。

100万円の枠なら金利も下がるが、多くの人がたどり着ける

まだ50万円しか枠がないということで、100万円の枠をほしいということですけれども、その程度の枠であれば銀行系カードローンでも消費者金融でも、そんなに手にするのは難しくないでしょう。なぜなら銀行系カードローンも消費者金融も、おおよそ100万円程度までは貸出のハードルが低いからです。もちろん金利も下がるのでいいことです。(こちらも参考にどうぞ→カードローン金利を引き下げる方法

借入枠が大きくなればなるほど金利が下がるというのはよく知られていることで、だいたい最初の借入金額よりも100万円の枠があれば金利は数%は下がるところが多いでしょう。もちろんその枠内で少ししか使わなくても増額してもらうほうがお得感はあります。ただ、なかなかそこまで辿り着かないというのは単純に借り入れと返済の実績が少ないからだと思います。

今どきの消費者金融や銀行系カードローンというのは100万円程度までは正社員だったり安定している収入があれば設定してもらえるようになっていまう。逆に言えばこれ以上になると一気に審査が厳しくなり、収入証明書を出せと言われたり、会社の在籍確認が必須になったりと、かなり厳しくなるのです。もしまだ100万円まで枠が大きくなっていないというならばもっと借入と返済をしっかりと行いましょう。

特に返済については注意しておいたほうがいいでしょう。一度でも返済が遅れてしまうようなことがあれば、積み上げてきた信用というのがガタ落ちになってしまいます。そうならないように借りたら期限までにちゃんと返す、ということを徹底するのがポイントです。

【参考ページはこちら】
誰でも作れるカードローンってあるの?

カードローンで100万円借りた時の金利について

通常、生涯でお金を借りたことのない人はいません。それは、生きる手段として、人間は大きな買い物をしなければならない時があるからです。マイホームやマイカーがその代表的な例となります。マイカーは貯蓄の状況によっては、現金で一括払いができることもあります。しかし、マイホームは何千万円単位なので、通常はお金を借りて20年から40年ぐらいかけて支払っていきます。そのようなお金を借りる機関としては、銀行と消費者金融会社などがあります。利息のことを考えると銀行で借りる方がお得ですが、手軽さを考えると消費者金融会社が良いです。

自分の状況に合わせて、どちらで購入した方が良いか検討する必要があります。お金を借りる時には、カードローンを契約することで簡単に引き出すことができます。(こちらもオススメです→簡単審査のカードローンはこちら)銀行でカードローンを契約した場合に100万円が限度額であった場合は、利息分は年利18パーセントを上限に加算されて、その利息分を含めた額を支払わなければなりません。消費者金融会社では、殆どの場合、確実に年利18パーセントですが、銀行の場合はそれよりもやや低めです。

この年利18パーセントについてですが、100万円借りて何も返済しないまま1年が経つと、118万円返済しなければならなくなるということです。これが銀行の場合だと、年利14パーセントなど、やや低めになるために、この場合は100万円借りて1年過ぎれば114万円になります。よって金利はできるだけ低い方が返済金が少なくなるのでお得です。そこを考慮して、なるべく金利の低い銀行でお金を借りようとする人が多い傾向があります。

しかし、消費者金融会社にもメリットはたくさんあります。それは、非常に手軽ということです。お金を借りる時も、返済する時もキャッシュカードとATMさえあれば、簡単に手続きできるということが最大の魅力です。また、ATMの手数料も無料なので、消費者のことを考えられた仕組みになっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.