金利が安いカードローンはどんなものがある

キャッシングベスト3

いろんなカードローンを見ていると金利が安いものから高いものまである事がわかりました。同じようにお金を貸してくれるものなのに、どうしてこんなに差があるのかよくわかりませんが、金利が安いもののほうが借りるのは有利であるということはわかります。

そこで金利が安いカードローンにはどういう種類があるんでしょうか。幾つか具体的な例があれば教えていただけますか?

金利が安いカードローンの一つに地方銀行の商品もある

金利が安いほうがいいのは当然で、そういう商品をみんなが探し求めているわけですが、その一つとしてカードローンの中でも地方銀行の商品を使うという方法があります。地方銀行の中にはミニカードローンというものがあり、これがおそらくかなり金利が安い方の商品となっているのではないかと思います。

この地方銀行のミニカードローンというのは普通のカードローンよりも借入金額が少ないのが特徴です。だいたい10万円から50万円程度の枠担っているんですけれども、その範囲内であれば借り入れと返済を繰り返すことが出来るようになっています。何がこのミニカードローンのいいところかというと審査が簡単であり、借り入れできる人も多いだけでなく金利が安いのです。

この金利の安さというのはかなり大きく、低いところでは10%程度まで低くなっているところもあり、大手の銀行系カードローンの平均よりも5%も低くなっているのです。このようなミニカードローンを扱っている地方銀行は少なく無いですから、自分たちの地域の近くにあるかどうかを探してみるのもいいかもしれません。

金利が安いカードローンとしてミニカードローン以外にも、ひとつの業者を使い続けるという方法があります。一つの業者を使い続けることによって、カードローンの金利がどんどん低くなっていきます。これは信用が蓄積されていっているわけですが、それによって最初よりも数%は低くすることが大手でも小規模な業者でも可能でしょう。

すぐにでも金利が安いカードローンを探しているのであれば、地方銀行のミニカードローンが、そうでないならば一つのカードローンを何年も使うのがおすすめです。

法律によって常に金利が安いカードローン

消費者金融が提供するカードローンは、法律に影響によって常に金利が安い状況になっています。これはどこの会社であっても変わりありません。金利と言うのは、年間で見た融資の元金に対して設定される付加価値のことを言います。金利は月々の金融機関の利益として利息と言うものを生み出すので、金融機関にとっても非常に大切なものなのです。

では、なぜこの金利が安い状況になっているのでしょうか。これには金利に関する法律が関わっているのです。実は、金利に関しては少し前まで大きな問題点が一つありました。それは、少額融資に対して適用される金利に関する法律が二つあったことなのです。こうした金利の違いによって生まれる利息の請求範囲の違いのことをグレーゾーン問題と言います。

基本的に、キャッシングのような少額融資のサービスでは利息制限法と言う法律によって金利の上限を設定しなくてはいけません。利息制限法の特徴は、融資の元金が大きくなるに従って利息の範囲が小さくなるという特徴を持っていましたので、融資の元金を問わずに公平にお金を消費者に貸すことが出来るというメリットが存在します。

ところが、融資をする業者の中には利息制限法ではなく出資法と言う法律によって金利の上限を決定する者も現れたのです。出資法の問題点は、利息制限法の請求する利息の範囲よりも大きな利息を請求できる点にあり、消費者の負担が大きくなってしまうことにありました。そのため、この利息の範囲に関しては大きな問題が発生していたのです。

こうした事態を解決するために賃金業法が改正され、現在ではより上限金利が小さい利息制限法に従った利息の請求しか出来ないようになっています。法律的に低い条件しか設定できないことが決定されましたので、どこの会社であっても必要以上に金利を高く設定できないわけです。だからこそ、少額融資のカードローンは誰でも気軽に利用することができるサービスになっているのです。

【参考ページはこちら】
高金利のカードローンが存在するのはなぜ?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.