カードローン金利下げる方法が効かない?

キャッシングベスト3

どうしても今のカードローンを使っていて思うのが、カードローン金利下げる方法というのはないんじゃないかと思うことです。なかなか書かれているような、世間で言われていることを試していますが、カードローン切り下げる方法として通用していない用に思います。

何かもっと画期的なカードローン金利下げる方法はあるんでしょうか。こうしたら数%は下げることが出来るというようなものを知りたいのです。

カードローン金利下げる方法としてまずは借り換えはどうか

カードローン金利下げる方法としてよく言われているのがひとつの業者を長く使うという方法です。長く使えば使うほど返済を繰り返して「この人は信用できる」と思わせることが出来ます。そうすると金利も下がるし枠も大きくなるというわけです。別にカードローンだけに限らず、これは消費者金融もクレジットカードなどでも同じだとされていますが、それが出来ないならば借り換えしかないでしょう。

おそらく使っている銀行系カードローンか消費者金融があなたにあっていない可能性があります。例えばぎりぎり審査に通っているような状況では、そこから金利を下げてもらうというのはかなり厳しいですし、収入によっては銀行系カードローンよりも消費者金融のほうが使いやすく、融通を利かせることが出来たりもします。

そこで自分に合った業者というものに借り換えるのです。最近は借り換えをメインにしているような銀行系カードローンやフリーローンもありますし、消費者金融もホームページの中に借り換え専用ローンの商品を用意しています。ここで借り換えさえできれば、同じように利用しながら、カードローン金利下げる方法が効果を表すと思います。

またたくさんの業者から借り入れをしているという人も、借り換えをして一本化をすることで金利が下がると言われています。借入金額を一つにまとめるとかなり大きくなりますから、その金額に見合った金利が適応されるという理由からです。複数から借りれている人も使える方法です。

長く使うという方法は決して間違っているわけではないので、結局は業者を変更するのが一番ではないかと思います。
(⇒カードローン金利シミュレーションは合っている?

いくつかあるカードローン金利下げる方法

自分が今借り入れしているカードローン会社の金利より他社の方が安い事を見つけた時に、なんとかならないかと思うのではないのでしょうか。カードローン金利下げる方法は容易ではありませんが、不可能な事ではありません。

カードローン金利下げる方法の一つ目ですが、カードローン会社に相談するのが良いでしょう。相談するのは誰でもできますが、実際に変更してもらうには、返済や借り入れ実績がないと厳しくなります。最低でも1年以上の実績を持っていて、確実に返済をされている方である必要があり、そこで初めて金利を下げるかどうかの検討になると思います。これは、限度額の増額でもそうで、利用実績を積み重ねていくと、カードローンは使いやすくなっていきます。ですから、これからカードローンを利用しようと考えている方は、先の事も考えて使っていくと良いでしょう。

カードローン金利下げる方法は、純粋に相談する事から始まりますが、銀行のカードローンは途中からの変更は難しいようです。一方の消費者金融のカードローンは、利用者一人一人と親身になって相談してくれますので、対応も柔軟性があり、可能性はより高いと言えるでしょう。

確実にカードローン金利下げる方法としては、他社に乗り換えてしまう乗り換えローンを利用するのが一番になります。借入額事他社に乗り換える訳ですから、審査が通りにくく感じるかもしれませんが、方法としては、一番手っ取り早いです。自分の収入の3分の1以上を超える金額になる可能性もありますが、基本的に利用者が有利な金利になる場合は、総量規制の対象外になりますので、乗り換えローンやおまとめローンが流行っているのです。

このようにカードローン金利下げる方法は、いくつかありますが、それなりの手間や実績が必要となってきます。お得に利用するには、簡単にできませんが、やっておいた方が後々絶対に楽になりますので、可能であれば行った方が良いでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローン金利計算は単利?それとも複利?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.