今やもう高金利のカードローンというのもかなり減ってきてはいますけれども、まだまだ中には銀行系カードローンでも消費者金融とは変わらないものもあります。逆に消費者金融系もかなり頑張っているとは思うのですが、それでも低い金利になっていないものが主流です。

こうした高金利のカードローンというのは使う時になにか気をつけておいたほうがいいのでしょうか。一般的なデメリットはわかるのですけれども、他の業者との違いを知りたいのです。

やはり高金利のカードローンの強みは審査のハードルだろう

高金利のカードローンは消費者金融を始めとしてまだまだいくつも存在しているのはその通りです。そして高金利のカードローンの強みとしては審査のハードルが低いこと、これが最も大きいとされているのです。この審査のハードルが低いという一点において、多くの人があえてこの高金利のカードローンを使うということがありうるわけです。

銀行系カードローンも消費者金融も最近はかなり金利が落ちているというのはその通りですが、だからといってすべてが同じというわけではないのです。金利が低くなればるほど審査は厳しいですから、消費者金融よりも銀行系カードローンのほうが審査は厳しいのです。その代わり金利が低いので借入ができれば、支払いは楽になるというパターンになっています。

高金利のカードローンにはそれなりの存在理由がある、というわけです。高金利のカードローンを使うときにはポイントとしてはまずは金利の低い業者から攻めていくということです。先に金利の低い業者に通ればラッキーですが、それがダメでもまだまだ高金利の業者がありますから、借り入れ自体はできるのです。そう考えて使っていくのがおすすめです。

いいことばかりではないのが世の中の仕組みですから、低金利の業者も高金利の業者も一長一短であるということは知っておいたほうがいいでしょう。何でもかんでも金利が低いほうがいいからといって、低い金利の業者ばかりを使うようであれば、結局借り入れを使えないということになりかねないので注意してください。

高金利のカードローンの賢い利用法

給料日前などあまりお金がないときに、急に、数万円以上のまとまったお金が必要になって、困ったご経験はありませんか?お金を貸してくれるほど親しい友人や知人であっても、数万円のお金をすぐに貸してくれるかといわれると、難しいのが普通ですよね。
そんな困った状況で、頼りになるのが、カードローンです。

このローンは、銀行や消費者金融、信販会社などの様々な会社が取り扱っている、一種の個人向け無担保ローンです。まず、このカードローンで借りたお金は、その用途が限定されません。従って、結婚資金や、車の購入資金、旅行資金などに使用することもできます。あるいは、ローンで借りたお金を生活費の足しにすることもできます。また、このカードローンは、どんな方でも手軽に利用できる点も魅力の1つです。安定した収入がある方であれば、このローンを利用可能です。例えば、毎月お給料を定期的に受け取っているサラリーマンなどの給与所得者だけでなく、パートやアルバイトによる収入で生計を立てている方でも利用可能です。

このように、大変便利なカードローンですが、反面、デメリットも存在します。最も大きなデメリットは、高金利であることです。ローン契約会社にもよりますが、例えば、消費者金融のローンであれば、年率5.0%~18.0%、比較的金利の低い銀行のローンでも、年率4.5%~15.0%と、他の種類のローンと比べるとかなり金利が高めに設定されています。金利が高いと、それだけ元金にかかる利息額が大きくなり、返済に苦労することになります。

そこで、このような高金利のカードローンを賢く利用する方法として、まとまった額の収入が入る直前に利用することです。例えば、給料日前やボーナス前の、手元にお金があまりないときに、このローンでお金を借り入れます。そして、給料やボーナスが出たら、そのお金で、ローンの臨時返済(繰り上げ返済)を行ってしまうのです。これにより、ローンの残高を一気に減らしてしまうことで、金利が高くても利息の支払いを少なくすることができます。(こちらも参考にどうぞ→カードローンの借り入れ金利を下げる方法

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.